閉じる

閉じる

銀行預金

銀行破たん、ペイオフの対策

銀行が破たんすると、1000万円とその利息のみが保護されます。
これをペイオフといい、「預金保険法」という法律で定められています。

それ以上の預けた金額は、銀行破たん時に「全額返ってこない」というわけではなく、破たん時の銀行の財務状況により、幾分かは返ってくる可能性があります。
でも、多くのお金が返ってくるとは期待できないので、1000万円以降のお金はひとまず返ってこない、と思っておいたほうがよいでしょう。

銀行の破たんの話は、突然やってくるものです。
銀行がまもなく破たんすることを、事前に知るのはかなり難しいです。

銀行の破たんに備えるなら、1銀行あたり普通預金や定期預金などを含めて1000万円までしか預けないようにするとよいです。
現金1000万円以上を預けたい場合は、複数の銀行に分散して預け、1銀行あたり1000万円を超えないようにすれば安全です。

ちなみに、1000万円以上預けると金利が上がるというサービスをしている銀行もあります。
ペイオフを恐れずに1000万円以上預けてもらうよう、考えての施策かもしれません。

さらに徹底するなら、1000万円近く預けた銀行との取引は、「引出」「引き落とし」以外は利用しないようにします。「銀行口座」ではなく「銀行」を利用しないという点がポイントです。
給与振り込みの指定口座にしたり、他人からお金が振り込まれると、いつのまにか1000万円を超えてしまうことになります。

利息にも注意が必要です。保護されるのは「1000万円とその利息」と言われていますが、その利息とは未払い状態の利息のことです。利息が払われると、それは元本に組み込まれ、その結果1000万円を超えた部分は保護の対象から外れます。
なので、長期間銀行にお金を預ける予定なら、1銀行あたり預ける金額は990万円ほどにしておくのも一つの方法です。これなら何年か利息が加わっても、1000万円を超えることはないでしょう。
でも、口座を使わない期間が数年経ってしまうと、休眠口座扱いにされてしまうこともあるので注意が必要です。

また「1000万円まで保護される」と言われていますが、保護される対象は預金残高だけではありません。
厳密には一時的に銀行に預けたお金も含まれます。振込処理をしたお金も、相手に送金される一時的な間は保護対象の「1000万円」の中に含まれます。例えば、1000万円口座に預けている状況で、その銀行口座から振り込むのではなく、別途ATMに現金を入れて10万円の振り込みをした場合、一時的に1010万円預けているとみなされるのです。

なので徹底するなら、1000万円預けている口座を持つ銀行では、上記のようなATM振り込みも利用しないほうが安全です。振込直後に破たんが決まってしまった場合、その振り込んだ金額は保護されないかもしれません。

銀行破たんによる影響を避ける方法をいろいろ並べてみましたが、多くのお金を持つようになると考えなくてはならないことが増えてしまいますね。何はともあれ、自分の財産を守るための、根拠ある知識を持つことが第一だと思います。

自宅でのタンス貯金におけるリスク

銀行が万が一の時には、預金封鎖がなされるケースもあります。そのような事情により、銀行が信用できないうえ低金利の状況なので、銀行ではなく自宅に現金を保管している、という方もいらっしゃいます。

しかし、銀行が預金封鎖をして現金を引き出せなくなる確率より、自宅が空き巣被害にあい現金が盗まれる確率の方が高いようにも思われます。そう考えると、タンス貯金はそれなりにリスクのある行為であるともいえます。

現金以外の金やダイヤなどについても、自宅で保管している方もいらっしゃいます。これらもやはり盗難にあうことを考えれば、貸金庫や信託銀行を利用することも検討に入れた方がよいでしょう。

 

 

今後開催の勉強会(Zoom参加も可)

FP実務力を高めたいみなさん、ぜひご参加ください!

  • 8/20(土) 上手な保険見直し提案を、ライフプランソフトで実践しよう
  • 8/20(土) 高度な保険設計と遺族ライフプランシミュレーションの実践
  • 8/28(日) FP6分野の最新改正&実務力アップ勉強会 (2022/8月度)
  • 9/25(日) FP6分野の最新改正&実務力アップ勉強会(2022/9月度・会場参加可能)
  • 9/25(日) 金融オプションをマスターし、複雑な投資商品を解説できるFPになろう!

 

FPのスキルアップ・FPビジネスの発展・FP同士の情報交換に!

このサイト全体から検索


▲このページ一番上に戻る