閉じる

閉じる

年金がどれだけ増えるかを分かりやすく説明する方法

老後に受け取る年金のお話です。

厚生年金に加入して働くと、「標準報酬月額×5.481/1000×勤務月数」の金額分だけ、65歳から受け取る老齢厚生年金が加算されて支給されます。

この計算式は、FPの試験勉強の経験者には見覚えがありますよね。
しかし一般生活者の方にとっては、直感的にイメージしにくいものです。

そこで分かりやすい言い方として、私はよく「180万円ずつ生涯年収が増えるごとに、老後の年金が1万円ずつ増える」と説明をします。なぜなら、
  5.481/1000 ≒ 1/180
だからです。
つまり、年収360万円で1年間働けば、老後年金が2万円増えるということです。
(もちろん、雇用されて厚生年金に加入する働き方の場合です)

この説明は、一般の方はもちろん、FPにとってもわかりやすい表現です。
難しい年金のことを、わかりやすくひと工夫する。
これはFPにとっても、大切なことですよね。

よろしければみなさんも、この「180万円の法則」を使ってみてくださいね。

 

 

今後開催の勉強会(Zoom参加も可)

FP実務力を高めたいみなさん、ぜひご参加ください!

  • 8/20(土) 上手な保険見直し提案を、ライフプランソフトで実践しよう
  • 8/20(土) 高度な保険設計と遺族ライフプランシミュレーションの実践
  • 8/28(日) FP6分野の最新改正&実務力アップ勉強会 (2022/8月度)
  • 9/25(日) FP6分野の最新改正&実務力アップ勉強会(2022/9月度・会場参加可能)
  • 9/25(日) 金融オプションをマスターし、複雑な投資商品を解説できるFPになろう!

 

FPのスキルアップ・FPビジネスの発展・FP同士の情報交換に!

このサイト全体から検索


▲このページ一番上に戻る