講師でご活躍いただける方を募集中です

「顧客満足度を高めるFP実務勉強会」では、講師としてご活躍いただける方を募集しています。

当勉強会は、「FP知識を活用して、お客様のお金の不安・課題を解決する実務力の向上」に重きを置いて、運営しています。
そのため、FP業界でよくある一方的な講演形式の勉強会とは異なり、講師の方にお願いする内容や役割にも特徴があります。

会場での講師、オンライン講師、両対応

講師が会場に来て実施するパターンと、講師がZoom上で登場いただくパターンの、両方に対応しています。

講師が会場にお越しいただける場合は、会場で勉強会自体は実施し、その会場の様子をZoomを使ってオンライン同時配信する形態をとります。

講師の方に求める条件

下記の条件1、条件2のいずれかを満たしている方を募集しています。

条件1:お金の相談事例をご提供いただける方

FP相談シミュレーション形式を採用する場合は、勉強会で使用する相談事例をご提供ください。

条件2:過去にセミナー経験がある方

過去にセミナーをされた経験のある方も募集しています。
過去に実施されたセミナー資料を一部改訂し、クイズやグループワークを入れて、楽しみながら学びを深められる企画になればと考えています。
この改訂は、勉強会スタッフからもアイデアを出します。

したがって、当勉強会のために新たに資料を作る必要もなく、講師の方も小さい負担で実施していただけます。

勉強会当日の流れ(代表的パターン)

講師の自己紹介

簡単に、自己紹介をお願いしています。
口頭での説明に限らず、パソコンを使っての自己紹介も可能です。
お仕事の内容がわかるパンフレットも、配布いただけます。

講義・個人ワーク

講義の時間は、講師から参加者の皆さんに講義をしていただきます。

個人ワークでは、相談事例に対する解決策・提案内容を考えたり、所定の課題に対する答えを、それぞれの参加者が考える時間となります。 この時、講師は特にすることはありません。

講義とワークの時間配分は、自由に設定ができます。

グループワーク

個人ワークで考えた内容を、数人のグループで共有します。
講師は、各グループを回りながら、グループワークのサポートをします。
例えば、解決に煮詰まったグループがあればヒントを出す、逸脱した方向に議論が進んでいるグループの話題を戻す、参加者からの質問に答える、などをお願いします。

グループごとに発表

各グループごとに、解決策・提案内容を発表します。
講師は、発表内容に対して一言コメントをお願いします。
(良かった点をほめたり、発表内容に改善点があればその指摘、など)

講師からの模範解答

講師から、模範解答の発表をお願いします。
その際に、下記を加えていただくと、参加者の学びが深まります。。

当日の時間配分

1回あたり2〜3時間の時間となりますが、その内容と時間配分も、基本的に講師の裁量で検討いただきます。一例として、過去に採用した時間配分を記載してしますが、各講師が柔軟に時間配分を決定することができます。

相談事例への解決策を考える、個人ワーク中心の内容(2時間)

過去のセミナー内容に改定を加え、講義とワークを交互に入れた内容(3時間)

講師の応募方法

講師へ応募される方は、勉強会スタッフの佐藤との打ち合わせが必要です。
30分〜1時間の会話で、ワークの内容も含めて当日の流れを確定していきます。
そして、講師の方に実施いただく内容の大枠を決めます。
この打ち合わせにて、講師決定となります。

講師の方に時間のかかる作業をお願いすることは、通常はありません(分厚いレジュメ作成など)
ご自身の体験をもとに話す、過去に実施したセミナーの再実施、というイメージをお持ちいただければと思います。

ただし、参加者の学びをより深める、講師の進行を補助できるなどの目的に応じて、独自の資料をご用意いただく方が良い場合もあります。

ご担当いただく日時も別途相談して決定します。

講師料

講師料の計算式

当勉強会は商業セミナーではなく、ボランティアベースによる運営です。
その性質上、多額の講師料をお支払いすることはできませんが、次の計算式に基づいて講師料をお支払いしています。

基準参加費(税込)×参加人数×30%
※ただし、10000円を最低保証額とする。

基準参加費

計算式中の「基準参加費」とは、Zoom参加の方の通常参加費です。
当勉強会では、会場参加とZoom参加とで参加費が異なります。
また、早割や直前割増の制度があり、参加者が支払う参加費が一定ではありません。

そこで基準として「Zoom参加の方の通常参加費」を採用しています。
参加者の参加費(基準参加費)は、事前に講師と相談の上決定します。

参加人数

計算式中の「参加人数」は、会場参加の人数と、Zoom参加の人数の合計です。
(講師と勉強会スタッフの人数は、含みません)

消費税の取り扱い

上記計算式の講師料は、消費税込みの額とします。

講師料の計算例

基準参加費3000円、会場参加者15名、Zoom参加30人の場合の講師料は、下記計算式の通りとなります。

3000×(15+30)×30%=40500円

懇親会も無料です

勉強会の後の行う懇親会にも、無料でご参加いただけます。
なお、懇親会は、新型コロナウイルスの影響や、お店が満席などの理由で、開催できない場合もあります。予めご了承ください。

講師のご応募方法、お問い合わせ

講師の応募について、ご質問・お問い合わせは、お問い合わせのページよりお願いいたします。

正式に講師としてお願いすることになった場合、下記ページをお読みのうえ、当日までの準備を進めてください。

 

 

 

FPのスキルアップ・FPビジネスの発展・FP同士の情報交換に役立つコンテンツです。

このサイト全体から検索


▲このページ一番上に戻る