FP技能士1級合格勉強会
FP1級合格を目指す人たちが集まり、広く深く濃密な学びで得点アップにつなげる勉強会です

閉じる





 


どなたでも参加できる、FPに関するfacebookグループです。

閉じる

FP1級学科対策 テキスト・問題集の選び方

FP技能士1級学科 合格率、難易度が高い理由 のページで、試験の出題範囲を網羅的に学べるテキスト、参考書は存在しないと書きました。
(まだお読みでない方は、先に上記ページをお読みいただくことをお勧めします)

だからと言って、テキストを買わなくてよいというわけにはいきません。
学習を進めるうえでベースとなる重要な教材ですから、市販の書籍の中からでも比較検討のうえ、選ぶしかありません。

情報量の多いテキストを買おう!

試験範囲をできるだけ広くカバーするため、記述量の多いものを1冊用意しましょう。
結果的に、ページ数が多いものが選択肢となるわけですが、最低でも400ページはあるテキストを選ぶようにしてください。

他と比較して記述量が少ないもの、2級テキストと内容がほとんど同じものは避けましょう。
内容が薄く、理解しやすいところばかりを解説したテキストは、記述内容に抜けが多すぎで、まったくFP1級試験対策になりません。

過去問題集も1冊用意しよう!

前ページ FP技能士1級学科 合格率、難易度が高い理由 で述べた通り、過去問学習だけでは1級合格には不十分であることを、改めてご認識ください。

しかし、だからといって過去問に取り組む価値がないわけではなく、過去問学習は必須です。出題の観点や傾向を知り、試験の難易度を体感し、どこを重点的に学ぶかの判断基準を持つためにも必要です。過去に出題された問題が再び出題されることもありますので、試験対策には有効な学習方法です。

過去問とその解答は、きんざい(金財)のホームページから、誰でも無料でダウンロードできます。しかし解説はありませんので、正しい知識を得るためにも、市販の過去問題集で学ぶべきです

選ぶ基準としては、1問1答形式になっており、1つ1つの問題について丁寧に解説されているものが望ましいです。
収録された問題数も重要ですが、それ以上に解説の丁寧さの方を重要視してください。

過去問を過去6回分は取り組みましょう。これだけ過去問を解くと、FP1級学科といえども繰り返し出題される頻出ポイントが具体的に見えてきます。ここを絶対に落とさないよう、徹底して学習をしてください。頻出ポイントを絶対に落とさなければ、それだけで200点満点中の60点は固く得点できるでしょう。応用編は基礎編に比べて、繰り返し出題される内容が多いです。ここを得点源にできれば、心強いです。

テキストでインプット学習、問題集・過去問でアウトプット学習

まずは、テキストを読んで内容を理解していくインプット学習を積みましょう。その後に、インプット学習で正しい知識を学べたかどうかを、過去問や問題集を解いて確認するアウトプット学習を行いましょう。
この勉強法は、3級・2級試験対策と同じく、合格のための基本的な学習法です。

テキストを繰り返し読み、問題集や過去問を繰り返し解いて、合格に必要な知識を積み上げていきましょう。

そしてもう一つ大切なことがあります。それは、お持ちの問題集の全問題を自力で解けるまで、何度も学習を重ねることです。
繰り返しますが、お持ちの問題集の全問題です。6割の問題だけでよいのではありません。
問題集・過去問で6割程度の正答率であれば、試験本番ではほぼアウトです。試験では過去に出題されない問題もそれなりに出題され、そちらで得点を落としてしまうからです。
得点できる問題を可能な限り増やせるように、最大限の努力をしていきましょう。
問題集を1冊(より広く学習したい人は2冊)を完全解答できる実力を、ぜひ身につけてください。

 

ご案内:みんなで集まってFP1級合格を目指そう!

当勉強会では年に3回、難関FP1級学科で高得点を取るための合格ガイダンス会 を開催しています。
FP1級合格に役立つ情報をお届けしたり、FP1級学科の合格者から学習法・体験談をお話しいただくパネルディスカッションも行っています。

試験直前には、FP1級新制度&制度改正事項 徹底対策勉強会FP技能士1級学科 頻出重要ポイント対策勉強会 も開催。市販テキストでは得られない深く細かいポイントを学び、試験の得点アップと合格ライン突破を目指します。

全ての勉強会では、1級を目指す者同士で情報交換したりモチベーションを高められ、1級試験に詳しいスタッフから教わることができますよ。
これら勉強会の詳細と参加申し込みはこちらから

 

 

FP1級合格をサポートするメールマガジンを配信中!

FPのスキルアップ・FPビジネスの発展・FP同士の情報交換に役立つfacebook上のグループです。

 


▲このページ一番上に戻る