FP技能士3級・2級合格勉強会
合格に役立つ情報満載の試験対策サイト & みんなで楽しく合格を目指す勉強会も開催!

5種類あるFP2級実技試験、違いと選択のポイント

このページでは、FP技能士2級の実技試験の違いと選択のポイントについてまとめています。
FP3級の実技試験については、下記ページをご覧ください。

 

FP技能士試験の2級は、受験申込み前に、以下の2つをあらかじめ決定しなければなりません。

どちらの試験機関で受験すればよいか、そしてどの実技試験を選択すればよいかは、FP受験者の悩みの種となっています。
というのも、試験機関であるきんざい(金財)とFP協会は、この点についてわかりやすく説明していないからです。
さらにやっかいなことに、選択した実技試験の種類によって、使用すべき教材にも違いが生まれます。受験対策で購入するテキストや問題集を誤ってしまうと、適切な学習ができなくなります。

そこでこのページでは、試験機関と実技試験の選択のポイントを、わかりやすく解説しています。

2つある試験機関のいずれかで受験する

FP技能士という国家試験は、FP協会と、きんざい(金財)の、2つの試験機関によって運営されています。他の多くの資格試験は、ある一つの機関が実施していますが、それとは大きく異なります。

受験者の皆さんは、FP協会か、きんざい(金財)かのどちらかを選んで、申し込みをしなければなりません。

ここで知っておいていただきたいポイントとなりますが、FP協会かきんざい(金財)かという試験機関の選択の前に、

どの実技試験で受験するかを選択する

ことが重要なのです。
なぜなら、受験する実技試験を選択すれば、申込みをすべき試験機関が自動的に決まるからです。

まず実技試験を選択
→ それに応じた試験機関で受験申込をする

という順序で決めていくことを、知っておいてください。

それでは次に、複数種類ある実技試験の違いとその選び方を、詳しくご説明していきます。

実技試験の種類

FP2級の実技試験には、以下の5種類があります。

実技試験 受験者
割合
試験機関
個人資産相談業務 40.3% きんざい
(金財)
生保顧客資産相談業務 18.6%
損保顧客資産相談業務 0.3%
中小事業主資産相談業務 4.1%
資産設計提案業務 36.7% FP協会

※受験者割合は、2017年1月、5月、9月の試験の合計受験申込者数より算出。

(参考)以前の受験者割合はこちら

過去の受験者割合を見ていくと、FP協会の実技試験を選ぶ人の割合が年々増加しており、逆にきんざい(金財)の受験者割合は全体的に低下傾向にあります。
ただ、損保顧客と中小事業主の実技試験は、少数割合ながらも安定的に受験者がいることがわかります。

2015年のデータ

実技試験 受験者
割合
試験機関
個人資産相談業務 43.8% きんざい
(金財)
生保顧客資産相談業務 19.8%
損保顧客資産相談業務 0.3%
中小事業主資産相談業務 4.6%
資産設計提案業務 31.5% FP協会

※受験者割合は、2015年1月、5月、9月の試験の合計受験申込者数より算出。

2013年のデータ

実技試験 受験者
割合
試験機関
個人資産相談業務 42.9% きんざい
(金財)
生保顧客資産相談業務 28.6%
損保顧客資産相談業務 0.4%
中小事業主資産相談業務 4.0%
資産設計提案業務 24.0% FP協会

※受験者割合は、2013年1月、5月、9月の試験の合計受験申込者数より算出。

 

この5つの2級実技試験の違い

きんざい(金財)の生保顧客と損保顧客

3級でも、きんざいの保険顧客の実技試験がありましたが、2級ではさらに生保顧客と損保顧客とにわかれます。生保と損保の実技試験の特徴は次の通りです。

生保顧客と損保顧客とは、保険の種類が異なる以外は、ほぼ同じ傾向の試験です。
ご自身が親しみを持つ方を選択すればよいでしょう。

ただし、損保顧客を選ぶ場合は、注意すべき点があります。
損保顧客の試験は、毎年9月にしか開催されないこともあり、全受験者の0.4%の人しか選択していません。その影響で、対応した実技対策の受験対策テキスト・問題集がほとんど出版されていない点に注意してください。損保顧客に対応したテキスト・問題集は、きんざい(金財)が出版している一部の書籍くらいですので、早めに購入しておきましょう。

なお、生保顧客に対応した受験対策テキストや問題集はたくさんありますが、対応しているかどうかが明記されていない書籍も存在します。購入の際は、生保顧客の実技試験に対応しているのかを、十分に確認をして下さいね。

きんざい(金財)の中小事業主

中小事業主の実技試験は、他の実技試験と比べてやや異質な点があり、次のような特徴があります。

中小事業主の試験において、デメリットのような説明が多くなりましたが、次のような利点もあります。

中小事業主の実技試験は、他の実技試験と傾向が異なっているため、出題内容になじみを感じられる人にのみ、お勧めできる試験です。

きんざい(金財)の個人資産と、FP協会の資産設計

この2つの実技試験には共通して、次の特徴があります。

一般的にはこの2つの試験のうちの、いずれかを受験する方が多くなるでしょう。

きんざいの個人資産と、FP協会の資産設計とは、類似性がありますが、微妙な違いもあります。
世間では、FP協会ときんざい(金財)の実技試験で、どのような違いがあるのか、が話題になっています。この話題は本質的に、この2つの実技試験の比較についての議論なのです。

その議論よりも重要なことは、さきほどお伝えした通り、

まず実技試験を選択
→ それに応じた試験機関で受験申込をする

という点です。なぜなら、実技試験が決まれば、申込みをすべき試験機関は、次のように自動的に決まるからです。

実技試験の種類   試験機関
個人資産相談業務 きんざいで申込
生保顧客資産相談業務
損保顧客資産相談業務
中小事業主資産相談業務
資産設計提案業務 FP協会で申込

ここはとても重要な点なので、ぜひご認識くださいね。

そのうえで、きんざい(金財)の個人資産と、FP協会の資産設計、の2つの実技試験の違いは、次のページで詳しくご説明しています。

ひとまず、実技試験の全体的な違いのことの方が重要なので、実技試験の解説を続けます。

出題分野の違い

試験範囲である6分野のうち、出題される分野は次の通りです。
○:出題される、×:出題されない

  (きんざい)
個人資産
中小事業主
(きんざい)
生保顧客
損保顧客
(FP協会)
資産設計
ライフプランニング
と資金計画
リスク管理 ×(*1)
金融資産運用 ×
タックス
プランニング
不動産 ×
相続・事業承継

「FP協会の資産設計」の実技試験は、6分野すべてから出題されます。一方できんざい(金財)の実技試験では、出題されない分野があります。
もし、実技試験しか受けないという場合でかつ、学習したい分野を減らしたいなら、きんざい(金財)の実技試験を選択するのもよいでしょう。

*1 2018年9月の中小事業主の試験で、保険経理処理に関する〇×問題が、1問だけ出題されました。中小事業主の試験で保険の問題が出題されたのはこれが初めてのことであり、今後も傾向として続くのかどうかは注目していきます。
受験される方は、念のため注意をしてください。

テキストや問題集を買う前に、実技試験を決めよう

実技試験選びのもう一つ重要なポイントですが、実技試験の選択によって、購入する試験対策テキストや問題集も変わるということです。買ったテキストや問題集が、自分が受験する実技試験に対応していない場合、適切な学習ができなくなり、合格の可能性を落とすことにもなります
実技試験選びが、何より最優先なのです。

したがって、どの実技試験を選択するかを先に決めてから、テキストや問題集を買いましょう。

実技試験選びで、悩まなくてよい人もいます

次に当てはまる方は、実技試験選びで悩む必要はありません。

会社で一括申込みする人

受験する実技試験を、会社のほうで決定していますので、社員の方は残念ながら自分で選ぶことができません。どの実技試験を受験するかを、会社に問い合わせ、把握しておきましょう。
金融機関にお勤めの方は、このパターンになる人も多いですね。

資格スクール・通信教育を利用している人

申し込んだスクールや通信教材は、それぞれ対象としている実技試験があらかじめ決まっています。
既に高いお金を払ったわけですから、その教材が対応している実技試験を選択するのが合理的です。

過去問を見て「この実技試験がいい!」と思った人

どの実技試験を受験するかに悩んだら、ぜひ過去問にも目を通してみて下さい。
試験の過去問は、きんざい(金財)またはFP協会のホームページから無料で誰でもダウンロードできます。

今の時点では真剣に問題を解かなくてよいので、実際の出題内容をざっと確認してみましょう。
出題内容になじみを感じられ、解きやすそうだと感じた試験を選ぶのも、一つの立派な選び方です。
他人のアドバイスや口コミよりも、「この実技試験が解きやすそうだ!」という直感のほうが、アテになるものです。

結論:どの実技試験を選ぶべきか

どの実技試験を選べばよいかでお悩みなら、次のようにして決めてみましょう。

結果的に多くの受験者は、

のいずれかを選択することになるでしょう。この2つの実技試験の違いについては、次のページでさらに詳しくご説明いたします。

筆者は、毎回のFP試験を細かく分析しており、2000人以上のFP試験受験者にお会いし、アドバイスをしてきました。しかもFP6分野のビジネスに関わっており、その観点からも、実技試験の違いについてご説明しました。

このページを参考のうえで、さらに皆様ご自身の受験目的と前提知識なども加味して、適切な実技試験を選択いただければ幸いです。

繰り返しとなりますが、受験にあたって大切なことは、

まず実技試験を選択
→ それに応じた試験機関で受験申込をする
→ 受験する実技試験に対応したテキスト、問題集を選ぶ

という順序です。実技試験選びは、慎重かつ丁寧に行って下さいね。
なお、受験申し込みが開始される時期に、 受験前に役立つ情報満載!FP技能士3級2級合格ガイダンス会 を開催しています。皆さんの個別の事情や質問も考慮して、実技試験のアドバイスを行っていますので、お気軽にご参加くださいね。

 


この記事が役に立ったら「いいね」をお願いします

実技試験やテキスト選びで悩みを持つ方も多くいらっしゃいます。
他サイトでも同様の解説がありますが、受験される方に一番お役に立てるよう、当サイトではかなり詳しく様々な観点からご説明しました。
(多数のサイトからも引用・参照されている実績があります)

この記事が役に立ったら、ぜひfacebookのいいね、twitterでのつぶやきで、周りにいらっしゃる受験者にも共有してあげてください。当サイトへのリンクも歓迎しています。
 このエントリーをはてなブックマークに追加

FP試験合格に役立つメールマガジンを配信中!

受験申込前に知っておかないと後で後悔すること、効率よく合格するための学習法、過去問題のわかりやすい解説など、合格に役立つ情報をたくさん配信中です。
不安を抱えながら独学で頑張る方を、サポートしています!
情報満載!だけど無料で読めます! ぜひご登録ください。

FP技能士3級2級合格勉強会にも、ご参加ください!

定期的に東京近郊で2種類の勉強会を開催しています。

まず一つ目が、「受験前に役立つ情報満載!FP合格ガイダンス会」です。
勢いよく合格を目指すための学習のコツや、市販テキストのメリット・デメリットのご紹介&デメリットの補い方など、当サイトでご紹介しきれない合格お役立ち情報をたくさんお届けしています。

もう一つが、試験直前の「頻出重要事項ポイント総仕上げ勉強会」です。
きんざい(金財)とFP協会のそれぞれの実技試験に対応した問題を解きながら、試験の得点アップにつながる重要ポイントを重点的に補強し、合格へ近づけますよ。
独学で勉強中にお持ちのテキスト・問題集でわからなかったことも、持ち込んでいただければ解説しちゃいます!

いずれの勉強会も、スタッフや他の参加者と情報交換でき、楽しく和やかな雰囲気が特徴です。
皆様が抱えるFP試験・職業FPに関するあらゆる疑問質問にスタッフがお答えしますので、不安も解消できます!
過去70回以上開催しており、参加者から「楽しく学べて、試験対策に役立った」とご好評をいただいています。
詳細は下記リンク先よりご覧ください。過去の開催の様子もすべて公開しています。
みなさまのご参加を、お待ちしています!


 

 

 

 

↓メールマガジンもご登録下さい。受験案内、試験勉強のコツ、過去問解説、今後の勉強会の開催案内、その他FP試験の合格に役立つ情報をたくさんお届けしています!

 

 


▲このページ一番上に戻る