FP技能士3級2級の試験対策ポイントを、みんなで楽しく、そして濃密に学べる勉強会です。 FP技能士3級・2級合格勉強会

テキストや問題集選びのコツ

このサイトで繰り返しお伝えしていることですが、FP技能士試験を受けるうえで大切なことは、

まず実技試験を選択

→ それに応じて受験する試験機関を選択

→ 受験する実技試験に適したテキスト、問題集を選ぶ

という点です。
つまり、試験対策テキストや問題集を買う前に、どの実技試験を受けるか(=どの試験機関で受けるか)を決定しておく必要があります

もう一つ大切なことがあります。
それは、市販のFP試験対策テキストや問題集は、複数種類ある実技試験のうち、一部にしか対応していないということです。言い換えると、1冊の本で、全ての実技試験に対応しているものは存在しないのです。

だからこそ、自分の受験する実技試験に対応したテキスト、問題集を手に入れるべきなのです。

選択した実技試験と関係のないテキスト・問題集を買ってしまうと、適切な試験対策学習ができなくなってしまいます。 間違ったテキストや問題集を購入してしまう方もいらっしゃるので、十分にご注意ください。

以下では、受験対策のテキストや問題集を選ぶ時のポイントについてお伝えします。

学科対策の教材

学科試験は、全ての受験者で共通の内容であるため、基本的にはどのテキスト・問題集も対応しています。
ただし、学科試験ではなく、実技試験のみに対応したテキストや問題集も少数ですが存在しますので、購入時には注意してください。

実技試験対策の教材

実技試験対策の教材選びでは、ご自身が受験する実技試験に対応したテキスト・問題集であるかを十分ご確認のうえ、購入してください。
自分が受験しない実技試験の教材を誤って買ってしまうと、適切な試験対策ができず、高得点を狙う十分な学習ができなくなります。

実技試験の対応状況は、テキストによりばらつきがあります。
きんざいの実技試験だけを想定して構成している書籍もあれば、FP協会の実技試験だけを想定して構成している書籍もあります。
表紙や目次をみても、どの実技試験に対応しているのか記載がないものもあるので、ご注意ください。
どの実技試験に対応しているのか明確でない書籍は、買わない方が無難かもしれません。

なお、きんざいの損保顧客と、きんざいの中小事業主の実技試験を受験する方は、さらに注意が必要です。
この2つの実技試験に対応した書籍はほとんど存在せず、大型書店にすらない場合もあります。手に入れるのに時間がかかる可能性もあるので、手配は早目に行いましょう。ネットで購入するのもお手軽です。

世間の「おすすめ」書籍は、それほどあてにはならない

書店に行くと、FP試験対策のテキストや問題集はたくさん種類がありすぎて、どれを買えばよいか悩んでしまうほどです。

ネットで調べると、おすすめの書籍を紹介しているサイトがいくつもあります。
この本がいい、こちらがオススメです、など、書籍の比較サイトも山のようにあります。
一見すると、書籍選びで悩む受験者の強い味方のように思いますが、これらのサイトで紹介されているおすすめは、それほどあてにはならないと思った方が良いです。

なぜなら、これらのサイトは、テキストや問題集の中身を詳細に分析した結果を発表しているわけではなく、単なるアフィリエイト目的だからです。サイト運営者が儲けるためにやっているのです。

受験者であるあなたのことを、真剣には考えてくれていません
どんな理由であれ、あなたがクリックして実際に書籍を購入するなどのアクションを取らせることで、収益を上げようと考えている人たちなのです。
そもそも、10冊近くも試験対策テキストの内容をしっかり比較する人など、出会ったことも見聞きしたこともありません。
(筆者は実際にやっているので、そういう話を誰かとしたいと思ってはいますが・・・)

今や口コミが主流の時代ですから、これらの比較サイトを頼りにしたくなる気持ちもわかります。
ですが、上記の理由を割り引いて考えることが必要で、本当にあなたのためになっているのかを客観的な視点で考えてみてください。

実際に複数社の試験対策テキストを比較した筆者が思うこと

筆者は勉強会の運営に当たり、実際に複数社の試験対策テキストを読んでいます。
過去に出題された問題に対し、その問題の答えとなる記述がどの出版社のテキストに記載されているかを、調査することがあるためです。

実際に過去問と突き合わせ、複数社のテキストを比較した筆者が感じていることをお伝えします。

3級のテキストを比較して感じていること

まず3級の試験対策テキストですがどの出版社も大きな差はありません。かなり乱暴な言い方をすれば、どの出版社の書籍を買っても合格には達することができます。

2級のテキストを比較して感じていること

一方の2級のテキストは、

のです。言いかえると、お使いの試験対策テキストを使って勉強しても、知らない世界からの出題が全問題数の2〜4割はあるということです。2〜4割と書きましたが、書籍によってばらつきがあります。過去問の対応率が高い書籍もあれば、ガッカリするほど低いものもあります。

実際には、まったく知らない世界からの出題であっても、選択肢を消去法によって絞り込んで正解する確率を上げることはできます。
しかしながら試験対策テキストが十分に対応しきれていないがゆえに、しっかり勉強しても、やむなく不合格になる方が3級に比べて増えています。これが、2級の合格率がかなり低くなっている最大の原因と、筆者はみています。

読みやすい本ほど、抜けは多い

出版されている試験対策テキストはさまざまです。ただ、概して言えることは、読みやすい本ほど抜けが多い、つまり実際の出題範囲全体から見た網羅率が低い、ということです。
ここでいう読みやすい本とは、ページ数が薄いもの、とにかくわかりやすさが重視されているもの、他社と比較して図やイラストの比率がかなり高いものです。

これらの書籍は、スラスラ読めて内容もすぐに理解でき、サクサクと学習を進められる感覚になれます。つい選びたくなる本ですが、たとえ読みやすくても、合格に必要な知識が得られないなら意味がありません

この手の書籍で勉強をしていると、試験追い込みの後半で苦しくなることがあります。
試験勉強の後半に入ると、問題集や過去問をたくさん解いて勉強することになります。
問題を解いたときに不正解になり、正しい知識をもう一度勉強しようと、テキストを読み直すことが増えてくるでしょう。

この時、該当の記述が「持っているテキストに全く載っていない」ことに、気が付くのです。
解説がないので、なぜ間違えたのか、何が正しいのかが分からないままになってしまいます。
このような経験が重なると、「自分が買ったこのテキストで本当に合格できるのか?」と不安が増幅してしまいます。

抜けが多い本を選んでしまったことは、試験日が迫ってくる後半にならないと気が付かないのです。

したがって、購入するテキストには、それなりに情報量が必要であることを、ぜひ意識してください。

分厚い本は、網羅率が高い傾向がある

一方、受験者の立場としてはゲンナリするような分厚いテキストや、絵や図が少なく、ひたすら文字で解説されているテキストは、逆に試験に対する網羅率は高い傾向があります。
これらのテキストをしっかり読みこなし、隅々まで暗記できるのなら、十分に合格圏内に入れます。

しかし、記述量が多いため、薄い本に比べて学習に時間がかかるというデメリットはあります。それは学習時間を確保するなどの方法で乗り切らなくてはなりません。

比較サイトに頼らず、あなたが直接比較すべき

筆者の主張は、「読みやすいテキストほど、得られる試験対策知識も少なくなる」です。
合格の可能性を第一に考えると、どうしても記述量が多い書籍をお勧めしたくなります。

しかしながら、受験者の皆様はそれぞれ学習に対するバックグラウンド・学習法が違います。
文字だけだとなかなか理解できないけれど、図や表があることで一気に理解が進む方もいます。
分厚いテキストを好み、受験するなら満点を目指すというモチベーションで勉強する人もいます。

ですので、皆様が実際に書店に足を運び、自分の目で適した書籍を見つけていただきたいと思います。
下記の項目を参考に、複数社のテキストを比較検討し、各人で自分なりの優劣をつけ、ご決断下さい。

自分なりの基準でしっかりテキストを選べたら、それがあなたにとって最良の受験パートナーとなるでしょう。「他人の勧めではなく、あなたの本心で選んだものが最良である」という基準を信じて、合格目指してがんばってくださいね!
(これは、結婚相手選びでも使えるテクニックです・・・余談でした)

試験対策テキスト選びで悩いですが、みなさんなりの良書を選ぶポイントとなれば幸いです。

この記事が役に立ったら「いいね」をお願いします

この記事と同じ観点で書かれた他サイトもありますが、情報が不正確、不十分なものも多くあります。
実技試験やテキスト選びで悩みを持つ方も多くいらっしゃるので、筆者としては、詳しく確かな情報を受験者に提供すべきと考え、当サイトではかなり詳しく様々な観点から違いをご説明しました。

この記事が役に立ったら、ぜひfacebookのいいね、twitterでのつぶやきで、周りにいらっしゃる受験者にも共有してあげてください。

当サイトはリンクフリーです。皆様のブログなどから当サイトへのリンクも歓迎です。

FP試験の合格に役立つメールマガジンを配信中!

受験申込前に知っておかないと後で後悔すること、効率よく合格するための学習法、過去問題のわかりやすい解説など、合格に役立つ情報をたくさん配信中です。
情報満載!だけど無料で読めます! ぜひメールマガジンをご登録ください。

FP技能士3級2級合格勉強会にも、ご参加ください!

当勉強会は、定期的に東京近郊で2種類の勉強会を開催しています。

まず一つ目が、「受験前に役立つ情報満載!FP合格ガイダンス会」です。
受験申込前に知っておくと役立つこと、勢いよく合格を目指すためのコツを、たくさんお伝えしているガイダンス会です。
受験者が抱える様々な不安や疑問をスッキリ解消し、合格に役立つ情報をたくさんお届けします。

もう一つの勉強会は、試験直前の「頻出重要事項ポイント総仕上げ勉強会」です。
きんざい(金財)とFP協会のそれぞれの実技試験に対応した問題を解きながら、ややこしいことも整理してわかりやすく理解し、弱点補強&得点アップを実現する勉強会です。

いずれの勉強会も、スタッフを交えて参加者同士で情報交換する時間もあり、楽しく和やかな雰囲気が特徴です。
過去50回以上開催しており、参加者から「楽しく学べて、試験対策に役立った」とご好評をいただいています。
詳細は、下記リンク先よりご覧ください。みなさまのご参加を、お待ちしています!

 

 


 


受験案内、試験勉強のコツ、過去問解説、今後の勉強会の開催案内、その他FP試験の合格に役立つ情報をたくさんお届けしています!登録はこちらから

 

 

■次のページを読みたい方へ:
画面左上のMenuボタンから、このページと関連するページを表示できます。




▲このページ一番上に戻る