FP技能士3級2級の試験対策ポイントを、みんなで楽しく、そして濃密に学べる勉強会です。 FP技能士3級・2級合格勉強会

学習プランの目安

試験勉強をいつごろから始めれば間に合うのか、過去問はいつごろから取り組めばよいのか、などなど、学習プランについて不安を持つ方もいらっしゃるでしょう。

ここでは、標準的と考えられる学習プランについてご説明します。
なお、学習進度は人によって個人差があります。このページで紹介しているより時間をかけたほうがよい方もいれば、より短い時間で十分な方もいらっしゃるでしょう。

あくまでも目安としてご活用いただくとともに、できるだけ早くから学習を開始することをお勧めします。

合格に直結するインプット学習とアウトプット学習

インプット学習

インプット学習とは、試験対策テキストを読んで、出題内容を理解する勉強のことです。何も知識がない状態では試験に得点できません。そのため、知らないことを本からどんどん吸収していくことが必要です。
これを、頭に情報をインプットするという意味で、インプット学習といいます。

アウトプット学習

アウトプット学習とは、問題集や過去問を実際に解いて、正しい答えを出せるかどうかを確認する勉強のことです。自分の知識を外に発揮することから、アウトプット学習といいます。

インプット学習をしただけでは、「わかったつもり」になっていたために、試験問題に答えられないこともあります。そこで、試験にぶっつけ本番で臨むのではなく、事前に問題集を使って模擬練習を積み、正しく理解できていることを確認することが大切なのです。

インプット学習とアウトプット学習は交互に

まずはインプット学習をして、知識を蓄えます。
その後、アウトプット学習で、本当に正しく理解できているかどうかを確認します。問題に正解したら、正しく理解できたと証明されます。しかし間違えてしまうと、正しく理解できていなかったことが証明されます。

正しく理解できていなかったことは、改めてインプット学習で正しい知識を覚えなおしましょう。
その後、本当に正しい知識で覚えなおせたかどうかを、再度アウトプット学習で確認をします。

このように、インプット学習とアウトプット学習を繰り返し、試験で出題される内容を広く深く正確に習得していきましょう。

 

試験2か月半前〜3週間前

※試験の合格に自信がない、FPの試験勉強が大変そうと感じる方は、試験当日5か月前〜2か月前と読み替えてください。

試験の2ヶ月半前から、試験合格に向けて少しずつでも学習を始めましょう。
すでに述べた、インプット学習と、アウトプット学習を組み合わせて、勉強をしていくことがポイントです。
試験範囲は6分野で構成されていますが、次の順序で進めていくやり方をお勧めしています。

このようにして、1分野ずつ、インプット学習の後ですぐにその分野のアウトプット学習を行うことがポイントです。
なぜなら、覚えたことの理解度を、すぐにチェックできるからです。

このやり方ではなく、最初に1分野目〜6分野目をインプット学習したあとに、6分野一気にアウトプット学習を行うと、インプットとアウトプットとの間に時間が空きすぎてしまいます。そのため、テキストで理解した内容を忘れてしまった状態で問題集を解くことになり、学習効果が小さくなります。
ですから、より効率よく学習を進めていくためにも、1分野ずつインプットとアウトプットを繰り返す学習をお勧めします。

そしてアウトプット学習においてとても重要なことは、「間違えた問題に真剣に向き合う」です。

問題を解き間違えた時には、どこをどのように間違えたのかをしっかり把握し、正しい内容を必死に習得することを心がけてください。
「あー間違えちゃった、次こそがんばろ」というように、間違えた問題を流してしまうようでは意味がありません。受験者自信に改善が生まれないので、きっとまた次もその問題を間違えてしまうでしょう。

間違えた問題を次に確実に正解できるためにはどうすべきか、真剣に考えて対策を取る、そのような勉強を重ねることに努めてくださいね。

「できなかったことができるようになる」

これが、人間としての成長の証です。最初のアウトプット学習では、問題に間違えてしまうことはたくさんあるはずです。なぜなら、知らないことを学んでいる過程だからです。
ここでひと踏ん張りし、解けなかった問題を数時間後や翌日に再び解きなおし、自らの力で自信をもって正解を導き出せるかを、確認していきましょう。
「繰り返し学習」が、皆さんを成長させ、やがて合格につながっていくのです。

試験3週間前までに、まずは6分野を一通り学習していきましょう。

試験3週間前〜1週間前

※試験の合格に自信がない、FPの試験勉強が大変そうと感じる方は、試験当日2か月前〜3週間前と読み替えてください。

試験の3週間前の時点で、まず6分野を一通り学習し終えましょう。
6分野を一通り学習し終えた時点で、理解しやすかったところ、理解しにくかったところがわかってきます。
ここからは、理解不足の点を強化すべくアウトプット学習に重点を置きます。

以前学んだことも、時間がたてば忘れてしまうので、改めて、問題集を最初から最後まで解いていきましょう。忘れてしまったことを思い出し、同時に苦手な点も重点的に学習します。

この期間の学習で大切なことは、間違えた問題は少し時間をおいて必ず解きなおすことです。
なぜ間違えてしまったのかを理解し、正しい答えを導けるようにするため、テキストを使ってインプット学習も重ねましょう。
解けなかった問題が解けるようになるまで繰り返しましょう。あなたが解けない問題を、この世からなくしてしまうつもりで。

市販問題集に加えて、過去問にもぜひ挑戦してください。
過去問を解くときは、試験本番と同じ時間配分で、試験本番と同じ気持ちで取り組みましょう。
過去問の結果が合格ラインを超えていれば、大きな自信につながります。
過去問で合格ラインを越えていなかったら、改めて間違えた問題を学習しなおしましょう。この時に合格ラインを下回ってても気にしないことです。試験当日に、合格ラインを越えればいいのですから。

試験当日が近づきつつあるこの期間が、勝負の期間です。
アウトプットの学習をたくさん積んで、この期間でできるだけ合格ラインに到達できるくらいになっていることが望ましいです。

試験1週間前〜試験前日

※試験の合格に自信がない、FPの試験勉強が大変そうと感じる方は、試験当日3週間前〜試験前日と読み替えてください。

ここからは、いよいよ最後の追い込みの期間です。
この期間では、これまでに間違えた問題、苦手な分野を重点的に学習しましょう。十分理解している内容に時間を割く必要はありません。
テキストや問題集を追加し、新しいことをどんどん覚えていくことよりも、これまで使ってきたテキストや問題集で復習を重ね、すでに覚えて蓄えてきた知識を整理するイメージで学習しましょう。
お使いの問題集の全ての問題を、自力で正解できる事を目指しましょう。ここまで到達できたら、合格はほぼ間違いなしですよ!

次のページでは、試験の準備や体調管理など、試験直前の日々の過ごし方のポイントについて、お伝えします。

 

この記事が役に立ったら「いいね」をお願いします

この記事がお役に立ちましたら、ぜひfacebookのいいね、twitterでのつぶやきで、他の受験者の方にも共有してあげてください。
やがて皆様の後輩となる受験者の方のためにもなりますので、よろしくお願いします。

当サイトはリンクフリーです。皆様のブログなどで、当サイトへのリンクも歓迎いたします。

受験に役立つ最新情報をメルマガで配信中!

受験申込前に知っておかないと後で後悔すること、効率よく合格するための学習法、過去問題のわかりやすい解説、などを配信中です。

情報満載!だけど無料で読めます! ぜひメールマガジンをご登録ください。

FP技能士3級2級合格勉強会にも、ご参加ください!

当勉強会は、定期的に東京近郊で2種類の勉強会を開催しています。

まず一つ目が、受験ガイダンス会。
受験前に抱える様々な不安や疑問をすべてスッキリ解消し、勢いよくスタートダッシュを切るための勉強会です。

もう一つは、試験直前の合格対策勉強会。
きんざい(金財)とFP協会のそれぞれの実技試験に対応した問題を解きながら、ややこしいことも整理してわかりやすく理解し、弱点補強&得点アップを実現する勉強会です。

いずれの勉強会も、スタッフを交えて参加者同士で情報交換する時間もあり、楽しく和やかな雰囲気が特徴です。
過去50回以上開催しており、多くの方から「楽しく学べて、試験対策に役立った」とご好評をいただいています。
詳細は、下記リンク先よりご覧ください。みなさまのご参加を、お待ちしています!

 

 

 



受験に関する案内、試験勉強のコツ、過去問解説、今後の勉強会の開催案内、その他FP試験の合格に役立つ情報をたくさんお届けしています!登録はこちらから

 

※いいねもよろしくお願いします♪

■次のページを読みたい方へ:
画面左上のMenuボタンから、このページと関連するページを表示できます。




▲このページ一番上に戻る