FP技能士3級2級の試験対策ポイントを、みんなで楽しく、そして濃密に学べる勉強会です。 FP技能士3級・2級合格勉強会

FP協会ときんざい(金財)での合格率の違い

FP技能士試験の2級、3級とも、受験者はFP協会またはきんざい(金財)のいずれかで受験します。ところがこの両者の試験では、合格率に違いがあります。

合格率は、これからFP技能士を受験される皆様にとって気になる点ですよね。

このページでは、FP協会ときんざい(金財)での合格率の違いを比較・分析し、合格率の違いが生まれている理由についても触れています。
合格率以外の違い(たとえば資格としての価値の違い、試験内容の違いなど)については、下記のリンク先ページで詳しく解説しています。

合格率の比較

まずは、きんざい(金財)とFP協会とでの合格率を一覧表にしています。
合格率の違いを、ざっと確認してみてください。

3級の合格率


試験日 きんざい
学科
FP協会
学科
きんざい
実技
FP協会
実技
2015年9月 66.45% 77.93% 76.99% 84.14%
2015年5月 55.82% 76.89% 65.43% 90.59%
2015年1月 69.21% 81.30% 69.74 89.44%
2014年9月 77.33% 85.33% 68.54% 81.50%
2014年5月 57.52% 76.96% 56.36% 93.81%
2014年1月 63.38% 78.12% 69.72% 86.59%
2013年9月 70.25% 82.30% 58.56% 90.10%
2013年5月 68.18% 82.68% 63.25% 89.56%
2013年1月 72.40% 83.53% 56.74% 82.31%
2012年9月 76.80% 86.29% 57.32% 91.28%
2012年5月 70.42% 85.72% 66.82% 90.43%
2012年1月 73.03% 83.26% 79.15% 86.91%

2級の合格率


試験日 きんざい
学科
FP協会
学科
きんざい
実技
FP協会
実技
2015年9月 20.83% 35.44% 31.17% 60.13%
2015年5月 22.02% 40.20% 48.45% 63.70%
2015年1月 19.96% 33.96% 36.52% 62.44%
2014年9月 23.35% 41.85% 31.64% 53.33%
2014年5月 26.78% 43.40% 33.61% 62.28%
2014年1月 15.97% 31.46% 25.94% 59.94%
2013年9月 22.88% 40.95% 32.50% 48.51%
2013年5月 28.20% 47.81% 31.27% 58.63%
2013年1月 14.04% 28.05% 29.49% 57.30%
2012年9月 24.89% 45.93% 37.42% 56.52%
2012年5月 19.62% 38.69% 41.24% 51.54%
2012年1月 20.29% 38.96% 23.02% 49.17%

総じてFP協会の方が合格率が高いけれど・・・

ざっと上記の表を見ても、総じて、きんざい(金財)よりFP協会側のほうが、合格率が高いことがわかります。

この合格率を見て、FP協会側のほうが合格しやすい、FP協会の方が問題は簡単なんだ、と思いたくなりますが、単純にはそうは言えません。そこには、ちょっとしたカラクリがあります。

それでは、学科試験、実技試験に分けて、合格率の違いについて分析してみましょう。

学科試験の合格率の違い

まず、学科試験の合格率に注目してみてください。
2級3級とも、FP協会側のほうが合格率は高くなっています。
学科試験は、FP協会でもきんざい(金財)でも、まったく同じ問題を使用しており、合格基準もまったく同じです。にもかかわらず、合格率に大きな差が出ているのです。

このことから、FP協会での受験者ほうが学習レベルが高いことがわかります。
つまり、FP協会で受験される方の方が、よく勉強しているということです。
では、なぜこれほど合格率に差が出るのでしょうか? これには2つ理由があげられます。

まず、きんざい(金財)の受験者の中には、金融機関に所属する社員たちが、会社での団体申込により受験しているケースが多くあります。
金融機関の人たちが大量に申し込みを行うのですが、その中には資格取得の意欲がなく、それほど勉強しない人も一定数います。受験者本人の意思に関係なく、申込みが行われているのです。そういう受験者が多くいることから、きんざい(金財)の合格率を下げていると考えられます。

もう一つの理由は、将来独立系FPを目指す人(のちにAFP、CFPを目指そうと考えている人)、自主的に資格の取得を決意した人は、FP協会側で受験する傾向があるという点です。

職業としてFPを意識した人は、やがてFP協会の存在を強く感じるようになります。
なぜなら、FPに関するサービスやサポートを、FP協会が積極的に行っているからです。FP協会の方が、広報活動も積極的に行い、知名度を上げようとがんばっています。
一方のきんざい(金財)は、それほどFPや受験者に対して活動をアピールしていません
(が、FPに関する良質なサービスはきちんと提供しています)

そのため、職業としてFPを意識した人は、きんざい(金財)よりは親近感があるFP協会で受験する傾向があります。

職業としてFPを目指そうと考えている人たちですから、合格に対する意欲は高く、しっかり勉強もします。そのためFP協会側の方が合格率が高くなる現象を生んでいます。

繰り返しとなりますが、FP協会でもきんざい(金財)でも学科試験問題とその採点基準は同一ですから、「FP協会の方が学科試験が簡単である」という判断は正しくありません。
FP協会での受験者ほうが、受験者の学習レベルが高いため、学科試験の合格率に差が出ているのです。

実技試験の合格率の違い(2級・3級共通)

上記でまとめた実技試験の合格率の表を見比べると、過去ほとんどの実技試験において、やはりFP協会側のほうが合格率は高くなっています。

前述のとおり、受験者の学習レベルが高いこともその一つの要因です。
もう一つの要因は、前ページFP協会ときんざい(金財)での試験の違いでもまとめたように、多くの受験者はFP協会側の問題の方が解きやすい(得点しやすい)ことも挙げられます。
FP試験の過去問を何年も解き続けている筆者であっても、FP協会の方が難易度は低いと感じます。
問題が少し簡単な上に、受験者のレベルも高いため、実技試験もFP協会の方が合格率は高くなっています。

合格率だけでなく、総合的に判断を

FP技能士試験を、きんざい(金財)で受験するか、それともFP協会で受験するか、受験者の皆様にとっては重大な関心ごとであると思います。

このページでは合格率の違いについてお伝えしましたが、どちらを受験するかは合格率だけでなく、試験の出題傾向なども考慮し、総合的に判断をして下さい。

まず実技試験を選択 → それに応じて受験する試験機関を選択

という順序が、受験にあたって大切であると、当サイトではお伝えしています。この観点で、皆様それぞれが、最適な実技試験をご選択いただければ幸いです。

最後に、テキストや問題集の選び方のポイントを、次ページで解説します。これから購入される方は、参考にしてくださいね。

この記事が役に立ったら「いいね」をお願いします

この記事と同じ観点で書かれた他サイトもありますが、情報が不正確、不十分なものも多くあります。
実技試験やテキスト選びで悩みを持つ方も多くいらっしゃるので、筆者としては、詳しく確かな情報を受験者に提供すべきと考え、当サイトではかなり詳しく様々な観点から違いをご説明しました。

この記事が役に立ったら、ぜひfacebookのいいね、twitterでのつぶやきで、周りにいらっしゃる受験者にも共有してあげてください。

当サイトはリンクフリーです。皆様のブログなどから当サイトへのリンクも歓迎です。

FP試験の合格に役立つメールマガジンを配信中!

受験申込前に知っておかないと後で後悔すること、効率よく合格するための学習法、過去問題のわかりやすい解説など、合格に役立つ情報をたくさん配信中です。
情報満載!だけど無料で読めます! ぜひメールマガジンをご登録ください。

FP技能士3級2級合格勉強会にも、ご参加ください!

当勉強会は、定期的に東京近郊で2種類の勉強会を開催しています。

まず一つ目が、「受験前に役立つ情報満載!FP合格ガイダンス会」です。
受験申込前に知っておくと役立つこと、勢いよく合格を目指すためのコツを、たくさんお伝えしているガイダンス会です。
受験者が抱える様々な不安や疑問をスッキリ解消し、合格に役立つ情報をたくさんお届けします。

もう一つの勉強会は、試験直前の「頻出重要事項ポイント総仕上げ勉強会」です。
きんざい(金財)とFP協会のそれぞれの実技試験に対応した問題を解きながら、ややこしいことも整理してわかりやすく理解し、弱点補強&得点アップを実現する勉強会です。

いずれの勉強会も、スタッフを交えて参加者同士で情報交換する時間もあり、楽しく和やかな雰囲気が特徴です。
過去50回以上開催しており、参加者から「楽しく学べて、試験対策に役立った」とご好評をいただいています。
詳細は、下記リンク先よりご覧ください。みなさまのご参加を、お待ちしています!

 

 


 

↓メールマガジンもご登録下さい。受験案内、試験勉強のコツ、過去問解説、今後の勉強会の開催案内、その他FP試験の合格に役立つ情報をたくさんお届けしています!

 

 


▲このページ一番上に戻る