FP技能士3級2級の試験対策ポイントを、みんなで楽しく、そして濃密に学べる勉強会です。 FP技能士3級・2級合格勉強会

試験1週間前〜当日の過ごし方

このページでは、試験1週間前から受験者が気を付けるべき、生活リズムについてアドバイスしています。

皆様の不断の努力を、最後の最後に無駄にしないためにも、このページの内容を役立ててくださいね!

体調管理は試験1週間前から!

試験1週間前からは、試験勉強も大切ですが、体調管理も大切です。
試験当日に体調不良になったり寝坊をしないよう、万全の体調で臨めるよう調整していきましょう。

ところで、試験当日は何時に起きるか決まっていますか?
試験1週間前には受験票が届いているはずです。試験開始時間から逆算して、少し余裕を持って試験会場に到着できる当日のスケジュールを立て、当日の朝起きる時間を計算しておきましょう。

生活が不規則な方は、この1週間だけでも朝起きる時間と夜寝る時間を一定にし、それを試験当日まで継続するよう努力しましょう。
さらに、この1週間の朝起きる時間を、試験当日の起床時間と同じに設定するとより効果的です。こうすることで、試験当日も負担なく起きることができ、遅刻することなく会場に足を運べますよ。試験中に眠くなることも防げます。

試験当日に寝坊してしまったら意味がありません。
生活習慣は急に変えづらいものですので、少しずつ一週間をかけて、生活リズムを整えていきましょうね。

試験前日までに確認しておくべきこと

持ち物の確認

試験前日までに、以下の内容はしっかり確認しておきましょう。

受験票に貼る写真がないということにならないように、写真は前もって準備しましょう。

試験中にシャープペンそのものが壊れた時に備え、シャープペンまたは予備の鉛筆をもう1本持参しましょう。
シャープペンの替え芯や、予備の消しゴムも持参すると安心できますよ。
消しゴムは、鉛筆でマークしたところをきれいに消せるものであるかどうかも確認しておきましょう。きれいに消せない消しゴムだと、マーク式問題で間違えた時に採点する機械が正しく解答を判断できなくなってしまいます。

電卓の電池が途中で切れる場合に備えるなら、新品の電池に入れ替えた電卓を持参しましょう。(試験中に電池交換をするのは、あまり印象が良くありません)

腕時計は、必ず持参しましょう。
会場によっては、時計がない、または見づらい場合もあります。試験中に時間が分からないと、相当に不安ですし、時間配分が十分にできなくなります。安心して受験するためにも、腕時計は必ず持参しましょう。

当日の食事について

試験当日の昼食と飲み物は、可能であれば前日に用意しておくと安心です。会場へ行く途中に買おうと思っていても、

という場合もあるのです。鞄がかさばるかもしれませんが、事前に購入して持参した方が安心できますね。

会場近くのお店で食べようとするのも、リスクが伴います。例えば、以下のようなこともあり得るからです。

テキストや問題集を持参するかどうか

試験会場に、テキストや問題集を持っていくかどうかで、悩むかもしれませんね。
どちらも持ち運ぶと重いものですが、会場までの電車の中や、会場での休み時間に読みたい場合もあるでしょう。

やり残しの問題を復習したり、問題を解く感覚を最後まで得ておきたい場合は、問題集(過去問+解説)を持参するとよいです。そうではなく、重要ポイントをざっと確認したいのであれば、テキストだけを持参するとよいです。
限られた時間で確認したい点をすぐに探せるよう、該当箇所に付せんを付けておくと効果的です。

一方、気分を落ち着けたり、受験に備えて頭をリフレッシュしたい場合には、あえてなにも持参しない、または試験と関係のない趣味の雑誌などを持参するのもよいでしょう。
ちなみに私はこのタイプでした。試験当日は雑学本や、家事を楽にするアイデアをまとめた本など、試験と全く関係のない本を持参して読んでました。

試験当日、集中力を持続させるワンポイント

試験中の体調不良に備える

試験中に、体調不良になってしまうこともあります。体調不良というと大げさかもしれませんが、試験会場の環境や体調により、鼻水が出たり咳き込みやすかったり、人によっては空気環境から体にかゆみを感じる場合もあります。

こういった症状になると、試験の集中力が大きく損なわれます。
このような場合にも念を入れて備えるためには、なんとなく風邪気味であればあらかじめ薬を服用したり、体のかゆみが心配であればあらかじめ薬を塗っておきましょう。

温度調節できる服装を

受験会場の温度環境は、もしかしたら想定よりも暑いかもしれないし、寒いかもしれません。
試験開始前30分には会場に到着し、その環境に慣れておきましょう。
時間ギリギリに走って会場に到着すると、汗をかくためその直後は部屋が暑く感じます。しかし試験開始後に次第に寒気を感じて、困るという場合もあります。ですから、あらかじめ部屋の環境に慣れる時間を確保しておくことが望ましいですね。

試験開始後に暑さや寒さが変化することもあります。
その時に備えて、ファスナーやボタンを簡単に開けられる服装、腕まくりしやすい服だと、自分で温度調整もしやすくなります。

糖分補給で脳を活性化

試験で集中力を持続させるために、脳に十分な栄養補給をするとよいです。
そこで、試験当日にはチョコレートなどの甘いものを準備しておきましょう。
試験開始の1時間前に糖分補給をしておくと、試験の時間中、ちょうど良いタイミングで脳に糖分が蓄えられた状態になります。そのおかげで、集中力を高めた状態で試験に臨むことができます。
学科、実技ともに、事前に脳内への栄養補給を忘れずに★

トイレは済ませておきましょう

学科、実技の開始時間前には、トイレに行っておきましょう。
試験時間中にトイレに行きたくなると、おちついて問題に取り組めなくなります。
当日の水分補給は大切です。トイレに行きたくないからと言って水分を取らないのは、よくありません。
水分を適度にとりつつ、試験開始前には出せる分だけ水分を出しておきましょう。

周りの受験者のことは気にしない

試験会場では、他の受験者によって気が散ったり集中力が途切れてしまうことがあります。例えば、次のような場合です。

こういったことで集中できなくなることも、実際の試験会場ではあり得ます。
これらに対応するには、細かいことを気にしない寛容さと、ちょっとしたことがあっても余裕を持って解答できるだけの、十分な学習を積んだ状態で試験に臨みましょう。

 

 


 

↓メールマガジンもご登録下さい。受験案内、試験勉強のコツ、過去問解説、今後の勉強会の開催案内、その他FP試験の合格に役立つ情報をたくさんお届けしています!

 

 

■次のページを読みたい方へ:
画面左上のMenuボタンから、このページと関連するページを表示できます。


▲このページ一番上に戻る