FP技能士3級2級の試験対策ポイントを、みんなで楽しく、そして濃密に学べる勉強会です。 FP技能士3級・2級合格勉強会

FP技能士3級と2級 取得のメリット

という疑問をお持ちの方も多いと思います。このページでは、3級と2級の違いも含めて、取得のメリットについてみていきましょう。

FP資格取得目的

まず最初に、FP資格の取得目的について調査したデータをご紹介します。
平成19年に行われた日本FP協会の調査によると、FP資格取得の目的は以下の通りでした。

  1. 自己啓発:29.3%
  2. 仕事で必要(自主取得):26.4%
  3. 仕事で必要(会社指示):14.7%
  4. 自分のライフプラン設計のため:8.9%
  5. 就職、転職に有利:7.8%
  6. FP業務を行うため:7.1%

大きく分けて、仕事上の理由で取得する人と、自己啓発やご自身の生活のために取得する人の2つに大別できることがわかります。

自己啓発やご自身の家計に役立てるなど、仕事以外の理由で受験する人が多いのも、FP資格の特長です。当勉強会にも多くの方にご参加いただいていますが、仕事以外の理由で受験される方に多く出会います。

業務上・ビジネス上のメリット

銀行、保険、証券などの金融業界や不動産業界など、仕事でFP資格を活かそうとするならば、3級のみならず2級まで取得すべきでしょう。
3級はないよりあったほうがよいですが、3級に合格した程度では、お客様のお金の相談に乗ったりアドバイスできるほどの高度な知識を有しているとは言いづらく、即戦力が期待できるとはみなされないでしょう。

一方、2級取得者は、金融機関で働くうえである程度の専門知識があるとみなされるケースが多いです。
というのも、2級を合格するために、年金、保険、不動産などの6分野に関する広く深い専門知識を学習する必要があるからです。
保険会社などでは、2級までは最低限取ることを社内で推奨しているケースもあります。

3級しか保有していない場合でも、名刺などに「FP技能士3級」などと表記をすることは可能です。しかしそのような表記では、3級しか持っていないことを強調していることにもなってしまいます。もし2級以上を保有していれば、そちらの方を名刺に記載しますからね。
このような理由もあり、3級しか保有していないなら、あえてそれを名刺に表記しない方がよいと考えている人もいます。

まとめると、金融業界・不動産業界で仕事に活かすなら、最低でも2級取得を目指すべきといえます。
これらの業界への就職、転職をお考えなら、2級合格に向けてがんばりましょう!

以上は金融業界・不動産業界の中でのお話でしたが、一方で金融とはほとんど縁のない会社で仕事をする場合、3級も2級のどちらの資格も、あまり仕事上の評価の対象とならないでしょう。経理上の知識が身につくから有利などと言われることもありますが、それなら簿記の資格を取得した方がよいと思います。
当然のことかもしれませんが、業務に直結しない資格は、会社からも評価されにくいものです。

ですが、FP資格は仕事ではなくご自身の生活をより改善できる効果を持っています。
詳しくは、次の項目をご覧ください。

自分の家計をより改善できるメリット

FP資格を仕事上の目的で取得するのではなく、自己啓発目的で取得する人も増えています。

FP資格を取得するうえで学んだことを、実生活に応用して、よりお得な生活を送ることもできます。
(前ページ:FP技能士試験の概要にも書いていますので参考にして下さい)

自己啓発目的の方は、3級を取るだけでも大きなメリットがあります。
しかし、より生活に役立てられる実践的な知識を得たいなら、2級まで取得したほうがよいでしょう。

2級は3級以上に専門知識が得られ、保険の見直し、節税、相続対策など、日常生活に応用できる点も多くあります。
ご自身だけでなく、友人などにアドバイスもできるようになります。

このようなメリットもあるので、自己啓発目的の方も、ぜひ2級まで目指してほしいと思います。

 

ここまで、FP技能士試験の概要と、取得のメリットについてお伝えしてきました。
いよいよ次ページ以降では、受験において知っておくべき重要ポイントをお伝えしていきます。

まずは、たくさんの種類がある実技試験について、詳しく見ていきましょう。

 


 

↓メールマガジンもご登録下さい。受験案内、試験勉強のコツ、過去問解説、今後の勉強会の開催案内、その他FP試験の合格に役立つ情報をたくさんお届けしています!

 

 


▲このページ一番上に戻る