FP1級合格を目指す人たちが集まり、広く深く濃密に学べる貴重な勉強会です(2017年活動開始予定) FP技能士1級合格勉強会

FP技能士1級学科 合格率、難易度が高い理由

FP技能士1級学科の合格率

FP1級学科は難関試験であり、難易度は2級より格段に高いです。

FP1級学科試験の合格率は、次の通りです。

試験日 1級学科
合格率
2016年9月 4.84%
2016年1月 12.37%
2015年9月 15.41%
2015年1月 13.09%
2014年9月 11.56%
2014年1月 12.19%
2013年9月 8.99%
2013年1月 15.30%
2012年9月 9.93%
2012年1月 12.86%
2011年9月 17.40%
2011年1月 7.48%

2級の合格率はおおよそ30〜50%くらいですが、これは団体申込などで受験の意欲のない人を含んでの合格率です。自ら受験を希望し、努力した人の合格率は、おおよそ50〜60%くらいといわれています。
一方、1級学科の合格率は上記のとおり10%前後です。1級学科は受験意欲のない人を団体申込させることはほとんどありません。ということは、本気で合格を目指す方々が受験した結果、10人に1人しか合格できない、難易度の高い試験であることがお分かりいただけると思います。

一発合格できる人は、さらに少ない

1級学科の受験者と話をする機会もありますが、多くの人が3回ほどの受験で合格をしているようです。
何回目の受験で合格したのかという調査結果が存在しないので、正確な情報とは言えませんが、1級学科試験を一発合格できる人は、上記合格率のさらに3分の1くらいではないかと推測しています。

難易度が高い理由

優良な試験対策教材が存在しない

独学をする上で一番のネックは、優良な学習教材が存在しないことです。

2級や3級の時には、さまざまな出版社が本を出していて、どれを選べばよいか迷うほどの数がありました。しかしFP1級の書籍はそれとは対照的で、大型書店でも数種類しかなかったり、書店によっては1冊もないことすらあります。
5,6年前に比べれば少し種類は増えていますが、それでも種類は多いとは言えません。

さらに、これらの希少な試験対策書籍には、いずれも次の問題点があります。

このように、優良な試験対策テキストがないことが、合格率を下げている大きな要因だと考えています。
これはFP1級学科試験にかぎらず、合格率の低い他の資格に共通して言えることです。

これには、出版社側の事情もあります。1級学科対策の良質な試験対策教材を作りにくいのは、次の要因があるためです。

仮に、試験に出題される範囲を網羅的に解説した書籍を作るには、私の感覚だと5000ページ分くらいは必要です。異常に分厚く重いテキストになり、そんなテキストを買おうと思う人はいないでしょう。
また、購入見込み者が少ないので、テキスト作りにコストをかけると、出版側が利益を出せなくなります。
このような背景もあり、優良なFP1級試験対策テキストは、残念ながら存在しないのが実情です。

とはいえ、テキストも問題集も買わないというわけにもいきません。
合格するために有効な学習法やテキストの選び方は、あとのページで詳しく解説しています。

過去問学習が、通用しにくい

過去問を繰り返し解いて合格を目指すという方法は、2級や3級では十分通用します。これは、毎回の試験に類似性があるため、過去に出題された内容と類似の問題が出題されやすかったためです。

しかしFP1級学科試験は、その傾向は弱まります。
過去問と類似の問題が出題されることはあります。しかしその数は、2級の時と比べても比率は少なくなります。つまり、それまで過去問で出題されなかった内容も、たくさん出題されるということです。
FP1級学科試験は、新しい法改正の出題にも比重が置かれ、試験の出題範囲は2級に比べて格段に広いです。そのため、過去問と異なる問題を出しやすい一面があります。

したがって、過去問ベースの試験対策では、過去に出題されなかった問題への対応力がつけられず、合格に届きにくいのです。FP1級学科対策の具体的な学習法については、後のページで詳しくご説明しています。

優良な講座・スクール・通信教材も存在しない

いくつかの会社が、FP1級学科対策の資格取得講座や通信教育事業を展開しています。しかしその数は非常に少ないです。2級や3級の講座はたくさんあったのとは対照的です。

しかし、筆者が複数社の1級学科対策の講座について調べてみたところ、次のような気になる点を持つ講座も見受けられました。

市販の試験対策テキストをベースに授業が展開されている

おそらく試験対策テキストを講師が読み、その内容をわかりやすく解説してくれたり、分厚いテキストの中でどこが重要なのかを教えてくれるものと思われます。
ただこのスタイルだと、独学で勉強することを、講師が代弁しているだけ、とも言えるため、メリットを感じない人もいるでしょう。
また、すでに述べた通りですが、FP1級学科は出題範囲が非常に広く深いため、市販の試験対策テキスト外からの出題には対応しづらく、この講座だけで合格圏内に入ることは困難と思われます。

数年ごとにしか、教材を更新していない

最新の法改正事項も出題される1級試験において、古い情報で学習する点にリスクを感じます。教材を提供する側が、最新のFP1級対策講座を出し続けられなかったのでしょう。

過去問解説をベースとしたカリキュラム

過去問をベースとした学習だけでは、非常に幅広いFP1級学科の試験範囲に対して、断片的な学習にとどまってしまいます。
これでは、合格圏内に届きにくいです。FP1級学科は法改正問題の比率も高く、出題範囲の広さゆえ、過去に出題しなかった問題も多く出題されます。過去問ベースの講座では、それに対応するのは困難でしょう。

 

これらの講座を筆者が実際に受講して回ったわけではないのですが、真にどれだけ試験対策になりえるのか、という点がはっきりと見えませんでした。筆者が客観的に判断しても、心配になる講座が多かったのです。
この筆者が講座紹介のWebサイトやパンフレットを見て感じた、正直な印象です。

「ここなら大丈夫かな」と思える講座の登場を、期待したいところです。

 

満点6割の120点を取れそうで取れない

不合格者の体験談などから推測して、FP1級学科試験で不合格になった人の多くが、100点〜119点あたりに散らばっているようです。不合格となって再挑戦しても、このあたりの点数にとどまってしまう人も数多くいます。あたかも、120点のラインに見えない魔の壁が存在しているかのような試験です。

難易度が高い理由を、ここまでで具体的に述べましたが、2級と同じような勉強法では、FP1級学科では合格ラインに届かない、6割未達に終わる可能性が高いです。
確かに6割取れれば合格です。しかし受験者の9割の人が、満点の6割をとれていないのはなぜなのか、そこをよく理解しなければなりません。

合格するための学習法自体を、FP1級学科では変えなければならない!

まずこの点を、受験される皆様に十分ご認識いただきたいと思っています。
それでは、FP1級学科合格に向けてどう学習していけばよいのでしょうか。その学習法について、次ページから具体的にお伝えします。

 

 


 

FP1級合格をサポートするメールマガジンを配信中!

 


▲このページ一番上に戻る