FP1級合格を目指す人たちが集まり、広く深く濃密に学べる貴重な勉強会です FP技能士1級合格勉強会

FP技能士1級とCFPの違い

資格の価値

金融業界においては、1級FP技能士やCFP保有者を優遇している企業もあります。
ただし、1級FP技能士の方に価値を置く企業もあれば、CFPの方に価値を置く企業もありますし、両方同じ価値の資格、と捉えている企業もあります。

どちらに価値があるかという明確な理由や根拠は、実際のところほとんどありません。
それぞれの人が感じる価値観で述べられています。

どちらもFPに関する最上位資格ではあるものの、これらの資格を取るくらいなら、AFPや2級技能士税理士などの資格に加えて、社労士、税理士、証券外務員1種、宅建などの他の資格を取得し、ある1分野の高い専門性を歓迎する企業もあります。

ちなみに、金融と関係のない企業では、FP1級もCFPもそれほど重要視されていないと感じています。

資格の認知度

金融業界の人たちの間では、いずれもFPの最上位資格という認識があります。
しかし一般の人たちにとっては、1級技能士もCFPも馴染みのない資格です。

一般の人にとっては、「CFP」ときいても何の資格かイメージできません。でもFP技能士1級であれば、「1級」とついているので、何らかの最上級資格であることを連想させる効果はあります。

資格取得の最低コスト

FP技能士1級

受験料は、学科試験が8900円、実技試験が20000円〜25000円です。
テキストと問題集を1冊ずつ買う場合、それぞれ4500円ほどしますので、計9000円が必要です。

これらの金額を合計すると、資格取得コストはおよそ4万円ほどとなります。

CFP

AFP取得者でなければCFPを受験できないので、AFPの年会費(年12000円、非課税)を払い続けている必要があります。
CFP試験の受験料は、1課目5250円(税込)です。ただし2課目以上を同時に出願した場合は、2課目目からは1課目あたり4200円(税込)となります。
したがって、6課目を一度に受験する場合は、5250+4200×5=26250円となります。

試験対策テキストや問題集は、6課目分を用意しなければなりません。
1課目あたり、テキスト2000円、問題集2000円、過去問3回分で2400円とすると、6課目分の合計で
  (2000+2000+2400)×6=38400円 になります。

CFP資格の正式取得にあたり、FP協会へのCFP登録が必要です。
6課目合格後にエントリー研修を受け、FP協会に既定のお金を払うことで、正式にCFPの資格が認められます。

CFPエントリー研修:10500円(税込)
CFP新規登録料:5000円(非課税、初回登録時のみ)

CFPを取得するまでに、FP協会に2年間分の年会費を払ったとすると、以上の金額を合計した資格取得コストはおよそ10万5000円ほどとなります。

以上は、最低限のコストにすぎません

FP技能士1級やCFPに合格するため、スクールや通信教育を利用したり、1発合格できず何度も受験をすれば、コストもかさんでいきます。一般的に、一発合格はかなり難しい試験ですので、もう少し出費があると想定しておいたほうが良いでしょう。

維持コスト

FP技能士1級は、一度取得すれば永久に有効な資格となります。

一方でCFPは資格を保有する限り、以下のコストがかかります。

 


 

FP1級合格をサポートするメールマガジンを配信中!

 


▲このページ一番上に戻る