FPの資格取得や、FPスキルアップの勉強会を開催。
「学びは深く、みんなで楽しく!」で運営を続けています。

FP勉強会 運営スタッフ・サイト管理人の紹介

自己紹介

普段のお仕事1:FP6分野に関するシステム開発

普段は、FPの6つの分野におけるITコンサルタント、システムエンジニアとして仕事をしています。
保険、証券、相続、ファイナンシャルプランニングなどの業界で使われるコンピュータシステムを開発しています。例えば、次のような開発に関わっています。

特に、お金の相談(資産相談)現場でのシステム開発に強みがあります。
ライフプランシミュレーションに限らず、お客様の資産のシミュレーションや診断に関する開発案件では、強いリーダーシップを発揮しています。
過去、大小合わせて15を超える資産シミュレーションシステムの構築経験があります。

業務内容によっては、6つの分野を横断的に関わることもあります。
FPの実務知識とIT技術の両方を活用しながら、お仕事をしております。

普段のお仕事2:FP6分野に関する業務コンサルティング

保険、投資、相続など様々な業界で、お客様のお金の相談に乗られている方と業務をしています。
私が直接お客様のお金の相談に乗っているわけではありませんが、お金の相談に乗られている方々から、

など、顧客ニーズやお客様の声を得ています。

それを、システム開発やサービス向上にも役立てており、事業の目的(顧客数の増加、顧客満足度の向上、顧客一人当たりの売上高の向上、取引先の増加、など)も考慮して、事業を発展していくためのコンサルティング業務にも協力しています。

金融シミュレーションシステムに関する専門的な知見をもとに、顧客への価値提供の方法、失敗を避ける作業の進め方なども、ご提案しています。

普段のお仕事3:資産コンサルタントの育成

本職はITエンジニアではあるものの、資産コンサルタントの方々と業務をすることが多くありますので、その業務知識、専門金融知識の収集は欠かさず行っております。
お客様の相談にのられているFPや資産コンサルタントを対象に、例えば下記の内容についてOJTで教えたり、内部セミナー・勉強会の講師を務めたり、資格取得支援も行っています。

過去には、予備校講師、資格試験講師を担当したこともあります。
物事をわかりやすく教えることはもちろん、学習意欲を上げたり、わからない点をスッキリ解消させることも得意です。

保有資格

◆金融系資格

◆IT系資格

IT・FP・教育の3領域に強み

私は、IT・FP・教育の3分野の強みを活かして仕事をしています。
私自身がFPとして活動しているというよりも、FPがお客様、FPの先生、という立場で仕事をしており、FP6分野の知識をフル活用しているところも特長です。

金融に関して幅広くシステム開発の仕事をしていることもあり、金融知識、ファイナンシャルプランニングの知識を日々高めることも日課です。
お金の専門家がお客様であり、その専門家の業務をITでサポートする立場ですので、FPの専門知識と実務スキルは欠かせないのです。

略歴

大阪大学基礎工学部卒。
大学卒業後、システムエンジニア、ITコンサルタントとしてシステム開発業務を中心に仕事をしています。
最近では金融業界のシステム開発を中心に行っています。
これらの業務を通して培ってきたFPの専門スキルを、多くの人の役に立つ活用する一つの形として、このFP勉強会を業務外のプライベートで運営しています。

FP勉強会の運営で大切に考えていること

この勉強会の運営を、2011年からずっと続けています。
当初はFP技能士3級2級合格勉強会からスタートしましたが、参加者のご要望にお応えし続けた結果、今では複数の勉強会を運営するまでになりました。

運営しているすべての勉強会で共通しているのは、「黙々よりも楽しく学ぶ」「知識を得るだけではなく、実生活・FP業務に応用できる実践力をつける」を大切に考えているところです。

お金の知識を増やすことも大切ですが、相手の困りごとを丁寧に解決すること、複雑なお金の制度を分かりやすく説明できることなど、FPとしてのスキル向上につながるよう、企画をしています。
参加者の皆さん同士でも楽しく会話しながら学ぶスタイルを特徴としており、グループワークやクイズなども積極的に取り入れています。

このような勉強会を運営しているのは、私自身がファイナンシャルプランニングについて学び続けており、多くの人たちにその価値を知ってもらいたいと考えているからです。
同じような志を持つ人たちと集まり、社会に役立つFPが増えていくことにも貢献したいと考えています。

FP試験への取り組みに関して

FP試験問題は、毎回すべて解いている

年に3回実施されるFP技能士試験問題をすべて解き、問題を徹底分析しています
3級、2級、1級のすべてで、学科試験も全種類の実技試験をすべて解いています。
出題傾向の変化も把握し、受験に役立つ情報をホームページに掲載もしています。

ちなみに、すべての試験でぶっつけ本番で受験しても、合格ラインは超えられます。
常に6分野の勉強を欠かさず行っており、その知識を使った業務も行っているおかげです。

このスタッフが、当勉強会で使用する問題を作成しています。
皆さんが次の効果が得られるよう、内容を構成しています。

FP技能士資格、取得体験談

FP技能士の資格は、3級〜1級まですべて独学で取得しました。
いずれの級も、資格スクールや通信教育には頼らず、市販のテキストと問題集を使って取得しました。

具体的な学習法は2つです。
一つは、テキストを読んで内容を理解するインプット学習。何度も繰り返し読んで、覚えていきます。
もう一つは、インプット学習で学んだことをしっかり理解できているかを、問題集を解いて確認するアウトプット学習です。
以上は、当サイトでもご紹介している勉強法ですが、この2つの学習法を繰り返し、自分自身で実践もしました。

問題集は、記載されているすべての問題を自力でとけるようになるまで繰り返しました。
「自力で問題を解けるまで、繰り返し勉強を続ける」を実践したのは、1発合格を確実に決めたいという思い、こだわりによるものです。

ただ、勉強量はかなり多かったですね。
1日1時間半ほどの学習を3か月間、毎日継続しました。
3級〜1級まで、勉強のやり方は同じでしたが、結果としていずれの級も1発合格でした。
もともとマネーの世界に興味関心が強かったこともありますが、徹底して勉強をすればFP試験は必ず独学で合格できる試験であると思っています。

3級受験の失敗談

実は、3級の実技は合格ラインぎりぎりでした。問題を丸ごと勘違いして、たくさん間違えてしまったためです。
いくらしっかり勉強しても、問題文を読み違えてしまっては、意味がありませんね。。。
油断は、努力を台無しにするくらいインパクトがあると実感しました。試験が終わるその時までは、しっかり緊張感を持って臨むべきですね。

1級学科を3カ月で合格できた裏の理由

1級学科も、3か月ほどの学習で合格できました。
これだけ見ればすごいと思われるかもしれませんが、1級学科に3か月で合格できたのは、業務上FP6分野の実務に関わっていたおかげでもありました。
それでも、1級で学ぶことの中には、知らないこともたくさんありました。
1級の試験範囲は、とても幅広いものだと感じました。

このような経験もあり、FPの実務力(FP6分野の知識をお金の課題解決につなげる考え方)があれば、1級合格の敷居はぐっと下がると考えており、そのノウハウをこの「FP技能士1級合格勉強会」にも取り入れています。

ちなみに1級受験の4年前から、FP6分野の実務に業務上関わっていました。それも1級の勉強期間とすれば、4年がかりで合格したともいえます。

 

以上が私の資格取得体験談です。一つの参考となれば幸いです。
皆様の合格を、心より応援しています!

FPに関するイベント企画、講演も行っています

イベントの企画、運営の実績があります

セミナーや勉強会の講演・講師の実績もあります

自らも、下記の勉強会を運営しています

イベント企画、講師のご依頼はお気軽に!

イベント企画の協力・講師のご依頼は、お気軽にお問い合わせのページより、お知らせください。
内容は一般生活者向け、FP向けのそれぞれにアレンジ可能です。



FP勉強会総合トップページ ブログ・メールマガジン お問い合わせ
運営スタッフ紹介 Q&A 免責事項 個人情報保護方針

当サイトは全ページでPCスマホ両対応です。QRコードを表示

Copyrght (C) 2011-2020 FP勉強会 All right reserved