FPスキル実践活用勉強会
みんなで楽しく、お金の課題解決力を高める勉強会

閉じる



 

閉じる

講師でご活躍いただける方を募集中です

FPスキル実践活用勉強会において、講師としてご活躍いただける方を募集しています。

当勉強会は、「FP知識を活用して、身近な人・お客様のお金の不安・課題を解決する実務力の向上」に重きを置いて、運営しています。
そのため、FP業界でよくある一方的な講演形式の勉強会とは異なり、講師の方にお願いする内容や役割にも特徴があります。

下記の講師の条件1、条件2を満たしている方を募集しております。多くの方のご応募をお待ちしております。

講師の条件1:お金の相談事例をご提供いただける方

FP相談シミュレーション形式を採用することが多いため、勉強会で使用する相談事例をご提供いただける方を募集しています。
相談事例の詳細は、下記のとおりです。

講師の条件2:過去にセミナー経験がある方

過去にセミナーをされた経験のある方も募集しています。
過去に実施されたセミナー資料を使いまわしながら、クイズやグループワークを入れるなどの改変を加え、当勉強会用の教材に改訂をして使用します。

したがって、当勉強会のために新たに資料を作る必要もなく、講師の方も小さい負担で実施していただけます。

勉強会当日の流れ

おおよそ、次の流れで進行します。
講師の立場として、どのようなことを行うのかを、把握しておいてください。

講師の自己紹介

簡単に、自己紹介をお願いしています。
口頭での説明に限らず、お仕事の内容がわかるパンフレットを配布いただいての自己紹介も可能です。
パソコンを使っての自己紹介も可能です。

講義・個人ワーク

講義の時間は、講師から参加者の皆さんに講義をしていただきます。

個人ワークの時間は、参加者は問題用紙を見ながら、相談事例に対する解決策、提案内容を考えます。
この時、講師は特にすることはありません。

講義とワークの時間配分は、内容により柔軟に決定します。

グループワーク

個人ワークで考えた解決策、提案内容をグループ内で共有するグループワークを行います。
講師は、各グループを回りながら、グループワークのサポートをします。
例えば、解決に煮詰まったグループがあればヒントを出す、逸脱した方向に議論が進んでいるグループの話題を戻す、参加者からの質問に答える、などをお願いします。

グループごとに発表

各グループごとに、解決策・提案内容を発表します。
講師は、発表内容に対して一言コメントをお願いします。
(良かった点は何か、発表された内容自体に問題点がある場合はその指摘、など)

講師からの模範解答

講師から、模範解答の発表をお願いします。
例えば、次の内容をお話しいただきます。

時間配分

一例として、過去の実施したときの時間配分を記載してします。時間配分は、内容により柔軟に変更することができます。

相談事例に対する解決策を考える、個人ワーク中心の内容(2時間)

過去のセミナー内容をもとに、講義とワークを交互に入れた内容(3時間)

応募方法

講師へ応募される方は、勉強会スタッフの佐藤との打ち合わせが必要です。
30分〜1時間の会話で、問題として使用する事例の内容を確定し、講師として行っていただく内容の大枠を決めます。
この打ち合わせにて、講師決定となります。

講師の方に時間のかかる作業をお願いすることは、通常はありません(分厚いレジュメ作成など)
ご自身の体験をもとに話す、過去に実施したセミナーの再実施、というイメージをお持ちいただければと思います。

ただし、参加者の学びをより深める、講師の進行を補助できるなどの目的に応じて、A4用紙1枚程度の補助資料は、作成をお願いすることがあります。

ご担当いただく日時も別途相談して決定します。
講師料は、次のうちいずれか多いほうの金額となります。商業セミナーではなく、ボランティアベースによる運営という性質上、ご理解いただきますよう、よろしくお願いいたします。

また、勉強会の後の行う懇親会にも、無料でご参加いただけます(懇親会は、お店が満席などの理由で開催できない場合もあります点を、予めご了承ください。)

講師の応募について、ご質問・お問い合わせは、お問い合わせのページよりお願いいたします。

講師が正式に決定したら

正式に講師としてお願いすることになった場合、下記ページをお読みのうえ、当日までの準備を進めておいてください。

 

 


▲このページ一番上に戻る