FP技能士3級・2級合格勉強会
合格に役立つ情報満載の試験対策サイト & みんなで楽しく合格を目指す勉強会も開催!

閉じる





 

閉じる

FP2級テキストのカバー率を調査し、受験生に役立つ情報を提供しようプロジェクト(2018年)

あなたが持っているFP2級の知識を、これからのFP試験受験生のために役立てる取り組みです!

ご協力いただける方を、ただいま募集中です!

このプロジェクトの概要

プロジェクトの目的

書店で販売されている複数の試験対策テキストが、実際の試験問題をどれくらいカバーできているかを調査し、調査結果を当サイトで発表します。
テキストには、多くの問題に解答できるだけの記述がある(=試験カバー率が高い)のが望ましいのですが、これからFP試験を受験する立場の方にはそのカバー率を知ることは極めて困難です。

みなさんも受験生だったときは、そうでしたよね。
だからこそ、試験に合格した皆さんの力を集めて、その有益な情報をお届けするために、このプロジェクトを行います。

 

試験に対するカバー度合い(カバー率)を指標とした理由

試験合格に直結する指標

試験対策テキストを選ぶうえでは、読みやすさや分かりやすさも大切ですが、当勉強会では試験に対するカバー率が重要な要素と考えています。なぜなら、試験で出題される内容が書かれていなければ、結局受験生はその知識を学べず、試験本番で失点する確率が高くなってしまうからです。

テキスト発売日より前に行われた試験のカバー率が高ければ、しっかり過去問を分析して受験者が学びを深められる教材である、といえます。
テキスト発売日より後に行われた試験のカバー率が高ければ、実際の受験で高得点を取る受験生を多く生み出した優良テキストである、といえます。

このようにカバー率は、試験の合格に直結する重要な指標であるため、今回の調査対象としました。

複数のテキストを統一的に調査されたことがない

テキストの中には、カバー率●●%とか合格点カバー率●●%など、独自の評価方式で自書を魅力的にみせているものがあります。
しかし、一部の問題を除外して測定したり、選択肢を絞り込めない状況を点数化するなど、真に受験者にとって意味のある数値とは言えません。
また、統一的な指標で比較されていないので、受験生は複数テキストの優劣を客観的に比較できません。

客観的な指標で各社テキストのカバー率を比較した事例は、当勉強会スタッフがFP試験を10年以上見てきた中でも存在しません。
ですから、皆さんのFPスキルを集めてこれを初めて実施し、FP試験の受験生にとって有益なコンテンツを一緒に作っていきましょう!
という取り組みなのです。

 

本プロジェクト参加者にお願いする業務内容

過去問とテキストを使った調査

実際の試験問題の、選択肢一つずつに対して、正しく解答できるだけの記述がテキストにあるかどうかをチェックしていきます。
下記のような評価様式を用意しており、テキストに記述があれば該当のページ番号を記入し、記述がなければ×を記入する、という調査です。

自由記述欄もあり、受験生のためになる補足情報があれば、それも記入できます。

対象とするテキストは、2018年5月〜9月に発売された最新版のテキスト(2018年〜2019年/平成30年〜31年、と書かれたものが該当)とします。

調査対象の試験種類は、下記の通りです。
・2級学科
・2級実技(きんざい個人資産)
・2級実技(きんざい生保)
・2級実技(きんざい損保)
・2級実技(きんざい中小事業主)
・2級実技(FP協会)

調査対象の試験実施日は、下記のとおりです。
・2018年1月実施の試験
・2018年5月実施の試験
・2018年9月実施の試験

以上の内容を、複数の担当者に分かれて調査していきます。
もちろん、一人ですべての試験を担当も可能です。

FP試験に関する座談会への参加

集まった参加者同士で、FP試験を振り返っての座談会を行います。
自分が使ったテキストの良かった点・悪かった点、勉強法や苦労話、これから受験する方へのアドバイスなどをざっくばらんに語りあいます。
この座談会の内容を、のちに記事にして当サイトに掲載し、以後のFP受験生の参考となるコンテンツにしていきます
個人を特定する内容は掲載いたしませんので、みんなで楽しく語り合う座談会にしましょう!

↓こんな感じで進めます、のイメージ写真

 

参加応募の要件

下記のすべての要件を満たす人が、本プロジェクトに応募できます。

要件1:FP2級試験の、最新版の市販テキストを持っていること

テキストは、出版社で製作されたもので、全国の書籍で販売されているものに限ります
資格スクールや通信教材のテキストは対象外です。
個人がネット販売するテキストも対象外です。

また、2018年5月〜9月に発売された最新版のテキストとします。(2018年〜2019年/平成30年〜31年、と書かれたものが該当)
昨年以前に販売されたテキストも、対象外となります。

お持ちでない場合は別途購入などしていただく必要がありますが、一定条件を満たすとテキストの購入費を当勉強会が負担いたします。(詳細は後述)

要件2:FP2級試験の学科と実技ともに合格していること

2018年9月に行われるFP2級試験終了時点で、学科と実技の両方に合格見込みまたは合格していること。
合格見込みとは、自己採点結果で満点の6割を超えたことを指します。
すでにFP2級の資格保有者も応募可能ですが、当プロジェクトを遂行できるほどの6分野の知識が記憶に残っている方でお願いします。

要件3:2か月間で、一定量の調査を行う時間を取れること

具体的には、こちらの作業担当表において、13マス以上の調査を約2か月間で完了できること。

過去に取り組んでいただいた方は、1カ月で12マス程度完了されています。
最初は1マスにつき40分〜1時間程度かかりますが、慣れるとスピードが上がっていきます。

要件4:本プロジェクトに関する打ち合わせに参加できること

打ち合わせでは、詳しい作業の説明を行い、各担当者の作業範囲を決定します。
この打ち合わせ時に、参加者同士での座談会も行います!
打ち合わせ日程は、平日夜か土日祝で、参加者と調整をして後日決定します。

要件5:Excel形式のファイルを編集できること

評価様式はExcel形式のファイルですので、これを編集できる環境をご用意ください。

 

本プロジェクトへの参加特典

参加費は無料

このプロジェクトには、無料でご参加いただけます。

以後の勉強会に13カ月以上無料で参加できる!

さらに、下記のすべての勉強会を一定期間無料で参加できる権利を参加特典とします。

・FPスキル実践活用勉強会
・FP技能士1級合格勉強会
・FP技能士3級2級合格勉強会

FPスキル実践活用勉強会では、FPとして活動していくときに役立つ学び・FP知識を役立てていく学びが、無料で得られます。
FP1級の合格を目的とした勉強会にも、無料で参加できます。

月に1〜3回ほど開催しており、通常の参加費は1500円〜5000円となっています。
作業担当表の13マスを完了いただいたときから、その1マス当たり1カ月として無料期間がスタートし、すべての勉強会を無料でご参加いただけます。

懇親会の参加費も無料

さらに、勉強会後に行う懇親会費も、1回あたり2000円を上限として無料とします。
FPとして活動されている多くの方とも知り合えて、情報交換できる機会にもなりますよ。
【参考】当勉強会の懇親会費用は、1000円〜2000円です。過去に2500円を超えたことは一度もありません。

懇親会が無料となる期間は、上記の勉強会参加の無料期間と同一とします。

 

その他

テキスト購入費用の勉強会負担について

次のすべての条件を満たした場合、テキスト購入費を現金にてお支払いいたします。

調査内容のスタッフによるチェックについて

皆さんに調査いただいた内容は、勉強会スタッフのほうでも二重チェックを行い、信頼性をあげていきます。
なお、このチェックによって、調査いただいた内容の3割以上に誤りが含まれていた場合には、勉強会の無料参加期間も3割減となります。あらかじめご了承ください。

通常、3割も誤りが含まれることはありませんが、念のためルールとして規定させていただいております。

 

皆様のご参加を、お待ちしています!

あなたのFPスキルを、日本全国のFP受験生に役立てられる、日本初のプロジェクトです!
みんなで楽しく協力しながら進めていきましょう。
皆様のご参加を、お待ちしています!

ご質問等ございましたら、下記お問い合わせのページより、お気軽にご連絡下さい。

※このページは、今後さらに改訂を加える可能性があります。

 

 

 

↓メールマガジンもご登録下さい。受験案内、試験勉強のコツ、過去問解説、今後の勉強会の開催案内、その他FP試験の合格に役立つ情報をたくさんお届けしています!

 

 


▲このページ一番上に戻る