FP相談業務で役立つさまざまな情報をまとめています。 FP相談業務の情報館

医療費・治療の統計情報

病気別治療費と入院日数の目安

調査機関により、入院日数と入院費の値が異なっている点に注意が必要。
いずれも参考程度に考慮するとよい。

厚生労働省のデータ


  入院日数 入院費
胃がん 26.8日 120万円
気管・肺のがん −− 120万円
乳がん −− 100万円
大腸がん 19.2日 −−
悪性リンパ腫 −− 210万円
高血圧性疾患 45.8日 90万円
虚血性心疾患 −− 100万円
心疾患 24.2日 −−
脳血管疾患(※1) 104.7日 230万円
神経系の疾患 74.1日 −−
白血病 −− 340万円
結核 60.3日 −−
糖尿病 38.6日 100万円
精神障害、行動障害 290.6日 −−

全日本病院協会のデータ


  2007年1月〜3月 2010年
  入院日数 入院費 入院日数 入院費
糖尿病 16.4日 34.8万円    
急性心筋梗塞 20.5日 168万円 19.4日 217万円
狭心症 5.1日 91万円 9.2日 112万円
脳梗塞 31.4日 75.4万円 38.1万円 116万円
脳出血 42.5日 85.6万円 42.7日 116万円
肺炎     19.4日 53万円
胃がん 31.8日 100万円 28.5日 121万円
結腸がん 20.8日 71万円 29.2日 118万円
直腸がん 26.6日 77.6万円    
気管・肺のがん 18.8日 42.6万円 35日 110万円
乳がん 10.5日 56.2万円 20.2日 82万円
子宮筋腫     11.7日 55万円

セールス手帖社保険FPS研究所のデータ


  入院日数 治療費
白血病 64.2日 336万円
胃がん 34.6日 106万円
結腸がん 32.0日 91万円
直腸がん 38.4日 130万円
気管・肺のがん 34.1日 97万円
乳がん 27.8日 96万円

社会保険庁のデータ


  入院日数 治療費
悪性新生物(がん) 41.9日 180万円
神経系の疾患 18.3日 62万円
眼及び付属器の疾患 14.0日 38万円
糖尿病 39.6日 109万円
肺炎 13.0日 40万円
腎臓の疾患 26.8日 107万円
妊娠、分娩 10.8日 26万円

平均入院日数

厚生労働省の平成20年の調査では、平均の入院日数35.6日。
前回調査より1.9日短くなっている。

年代別の平均入院日数


25〜34歳 約16日
35〜44歳 約22日
45〜54歳 約36日
55〜69歳 約44日

年齢が高くなるにつれて入院日数も長くなるが、平均でも60日を超えてはいない。

病気別年代別の平均入院日数

厚生労働省「平成17年患者調査の概況」によると、入院日数は以下の通り。

  15〜34歳 35〜64歳 65歳〜
糖尿病 18.9 25.6 42.6
心疾患 14.4 17.8 32.1
脳血管疾患 41.3 58.7 114.4
胃がん 21.1 30.5 36.5

入院日数の割合

平成17年の厚生労働省の調査によると、入院期間の統計は次のようになっています。

入院期間 割合
2か月未満 90.5%
2か月以上3か月未満 3.9%
3か月以上1年未満 4.3%
1年以上2年未満 0.4%
2年以上 0.6%
不明 0.3%
合計 100%

医療保険の保障日数

上記から、入院保険で必要な期間は、60日程度でもそれなりに十分であるといえる。
ただし、生活習慣病をしっかり補償したい場合、入院日数が延びることを考慮する場合には、120日などの保険に加入するのもよい。

その他補足

入院の日数は、年齢や性別によっても違いがあり、さらに地域によっても違いがある。
中国、四国、九州地方は平均入院日数が多い。
これは、不健康な人が多いからというよりも、人口当たりのベッドの数が多いため、長期間入院できる環境にあると考えられている。

厚生労働省は、患者の入院日数を19日以内に抑えるよう指導しており、入院日数が20日を超えると、病院に支払われる診療報酬が減額されるようになっています。

日本人の死因統計

厚生労働省「平成16年人口動態統計」によると、日本人の死因の割合は次の通り。

ガン
(悪性新生物)
31.1%
心疾患 15.5%
脳血管疾患 12.5%
肺炎 9.3%
不慮の事故 3.7%
自殺 2.9%
老衰 2.3%
その他 22.5%

平成18年人口動態統計の調査でも、ほぼ同じ比率となっている。

先進医療の医療費と実施件数

先進医療を受ける確率は低いと言えるが、治療にかかる料金は高額になるため、保険でのカバーも必要なら視野に入れるとよい。
なお、実施件数の観点では、治療費が比較的低いものが多い。
詳しくは、下記表を参照(先進医療専門会議「先進医療技術の実施報告」2009年度)

技術名
年間実施件数
1件当たりの医療費
重量子線治療
(固形がんにかかるものに限る)
779件 約302万円
悪性腫瘍に対する陽子線治療
(固形がんにかかるものに限る)
821件 約276万円
脊髄腫瘍に対する
腫瘍脊髄骨全摘出
13件 約200万円
強度変調放射線治療 23件 約75万円
根治的前立腺全摘除術における
内視鏡下手術用ロボット支援
31件 約67万円
腹腔鏡下肝部分切除 −− 約30万円
腫瘍性骨病変及び骨そしょう症に
伴う骨脆弱性病変に対する
経皮的骨形成術
1039件 約15万円
乳がんにおけるセンチネル
リンパ節の同定と転移の検索
11394件 約5万円
胎児心超音波検査 966件 約1万円

 



▲このページ一番上に戻る

 

Copyrght (C) 2013-2017 FP勉強会 All right reserved