FP相談業務で役立つさまざまな情報をまとめています。 FP相談業務の情報館

雇用保険

雇用保険の失業給付を、会社都合で受給するための条件

会社の退職時には雇用保険から失業給付がおりるわけですが、このとき退職理由を自己都合ではなく会社都合にすれば、早い段階で受給できます。また、受給できる期間も長くなります。

以下のような場合には、会社都合として認められます。

一つでも該当するものがあれば、失業給付の時に申請しておくとよいですね。

雇用保険(基本手当)受給の特例的扱い

失業保険の額は、離職前6か月間の給料が基準となります。

この6か月間においては、残業代も考慮されるので、退職前に残業をいっぱいすると、失業保険で受け取る額も多くなります。

公共職業訓練を受けると、給付制限が適用されません。つまり、3か月間の給付制限期間であっても、雇用保険を受給できます。

さらに、公共職業訓練を受けている期間は、雇用保険が給付され続けます。なので給付日数をある程度消化してから公共職業訓練を受けると、長期間受給できるわけです。

しかし公共職業訓練は、入校時期が決められています。また、競争率が高いものだと、申し込んでも必ずしも入校できるとは限りません。

自分の意志だけでは、都合よく給付を長引かせたりすることは難しいのです。

 



▲このページ一番上に戻る

 

Copyrght (C) 2013-2017 FP勉強会 All right reserved