高度で実践的な内容を扱い、多くの人・社会に貢献できるFPを目指す勉強会 ハイレベルFP勉強会

ハイレベルFP勉強会の目的と特徴

固定観念にとらわれず、一人一人の状況に適したコンサルティングができるFPを目指す

個別の状況を考慮せず、誰に対しても一律に情報提供をするだけのFPから脱却しましょう。
一人一人が持つお金の悩みや課題は、似ているようで実に様々です。個々の事例で問題点を正確に分析し、適切な解決策を考え、アドバイスができるFPを目指していきます。

当勉強会では、ライフプラン相談の事例研究を通して、お金の課題をどのように解決していくかを考えていきます。複数のFPと議論する機会もあり、学びに広さと深さを持たせています。

柔軟な発想で複数の解決策を見出し、最適な判断ができるFPを目指す

誰もが知ってる話をするばかり、また著名FPの発言を受け売りするだけのFPから脱却しましょう。
どんな課題解決法にもメリット・デメリットはあるものです。それぞれの方法が使える場面と使えない場面を正しく理解することが必要ですし、課題を解決するための引き出しを数多く持っていなければ、柔軟な発想もできません。

当勉強会では、多様な解決法、価値観、判断基準などをご紹介しながら進めています。数ある解決法の中から最適なものを選択し、組み合わせることができるFPを目指していきます。

高度な内容も正しく理解し、正確かつ分かりやすく説明できるFPを目指す

簡単に話せることだけしか説明できない、というFPから脱却しましょう。
理解が難しい金融商品の特徴、法律の条文、税の取り扱い、数学的知識なども積極的に学び、それを他人にわかりやすく説明できるFPを目指していきます。
当勉強会では、高度な内容も分かりやすく学べる機会や、説明の練習をする機会を用意しています。

相手の課題や困り事を解決する魂を持ち、社会に貢献し信頼されるFPを目指す

制度の内容にばかり関心をもち、お金の話を淡々とするだけのFPから脱却しましょう。
いかに優れた提案・解決策とFPが判断しても、それを相談者が受け入れ難いものであっては意味がありません。相手の心に寄り添いながら、解決へ共に進み、相手から感謝の表情を見せてくれるまで、ともに行動できるFPを目指していきます。
これは、FPの6ステップの実践に他なりません。

たくさんの金融知識を学んでも、それを発揮する場面がなければ「宝の持ち腐れ」です。
当勉強会では、金融知識を「課題解決力」に変え、お金の不安や課題を抱えている人たちのために役立てていく具体的な流れを学べます。

FP業界の問題点にも向き合い、他のFPの模範となるFPを目指す

FP業界が抱える問題点に気づけないFPや、気づきながらも改善できないFPから脱却しましょう。
FP業界の中にも様々な問題点があります。自分で対応できる範囲からでも構いません。
他の多くのFPの模範となり、FP業界の問題点を改善していけるFPを目指していきます。

世間にあふれるFPの行動・アドバイスの中には、一見すると正しいように見えて、実は適切といえないものも多くあります。
当勉強会では、これを反面教師として取り上げ、FPとして本来どうすべきであるか、どう改善すべきかをグループディスカッションなどで議論しながら学びを深めていきます。
このような議論を通して、職業としての資質を高める取り組みも行っています。

「能動的な学び」で実践力を向上

一般的なFP向け勉強会だと、講師が一方的に講義をする、知識詰め込み型の受け身な学習形式です。
一方で当勉強会は、講義形式だけでなく、ディスカッション・ロールプレイングなどで参加者の皆さんが能動的に考えを述べながら、知識を実践力に変えていく場を作っています。

このような学びの方式を「アクティブラーニング」ともいいます。
最近になって普及し始めた言葉ですが、今後義務教育や大学入試でも取り入れられることになっています。
受け身ではない能動的な学びを当勉強会で体験いただき、それをFPの皆様の日々の業務にも取り入れていただければと思っています。

これは先に書いた「知識や能力を課題解決力に変える」ためのトレーニングの場とするためでもあります。
さまざまな領域で活動するFPの考えにも触れる機会となり、視野を広げる効果も狙っています。

 

総合的に優れた「ハイレベルFP」を目指す勉強会

少々オーバーな表現もありましたが、以上のような視点で考え行動し、多くの人々から頼りにされるような優れたFPを 「ハイレベルFP」と表現したつもりです。
このようなハイレベルなFPをみんなで目指してみよう、という取り組みを、当勉強会で行っていきます。

一般的なFP向け勉強会にはない特徴を持たせ、まわりよりも優れたFPになるための学びや交流がある、そんなメリットの多い実践的な勉強会を目指しています。

 

 


 

 


▲このページ一番上に戻る