FP技能士3級2級の試験対策ポイントを、みんなで楽しく、そして濃密に学べる勉強会です。 FP技能士3級・2級合格勉強会

閉じる






 

 

閉じる

火災保険・地震保険

このページでは、火災保険と地震保険の両方に関連することをまとめています。
火災保険についての詳細は、火災保険のページをご覧ください。

地震保険についての詳細は、地震保険のページをご覧ください。

家財の範囲

火災保険は、住宅と、家財のそれぞれに保険を掛けることができます。
地震保険も、同様に住宅と家財に保険を掛けることができます。

なお、家財には、自転車と125cc以下の原付自転車は含まれてるため、補償の対象となります。
しかし自動車は家財には含まれないので補償の対象外です。

1個または1組の価額が30万円を超える貴金属や骨とう品、有価証券などは明記物件と呼ばれます。
火災保険の場合、明記物件は契約時に明記することで、保険の目的とすることができます。
一方、地震保険の場合は、明記物件を保険の目的とすることはできません。

門や塀は、補償の対象となるか?

火災保険の場合は対象となる

2015年9月 FP技能士2級 実技(きんざい損保) 問4より

1.火災保険において、居住用建物を保険の目的として加入する場合、住宅敷地内にある車庫、門、塀などは補償の対象となりません

この記述は不適切です。
車庫、門、塀などは、居住用建物に含まれると考えるので、補償の対象となります。家財の扱いではなく、建物とみなすということを覚えておきましょう。
ちなみに、これら車庫、門、塀などをまとめて「建物付属物」とも言います。
余裕があればこの単語も含めて、覚えておきましょう。

地震保険では補償の対象外

2016年9月 FP技能士2級 実技(損保顧客) 問6より

2.「地震保険において、住宅敷地内にある門や塀も補償の対象となりますので、建物自体に損害がなくても、門や塀が損害を受けた場合は保険金の支払対象となります」

この記述は不適切です。
地震保険で建物を補償の対象としていた場合であっても、門や塀は補償の対象とはなりません。
なぜなら、地震保険は、建物の主要構造部の損害を補償することとなっているためです。
門や塀は、建物の主要構造部ではないため、補償の対象外となっているのです。

ちなみに火災保険の場合は、建物が補償対象であれば、門や塀も補償の対象となっています。
このように、地震保険と火災保険とでは取り扱いが異なっていますので、ここも合わせて覚えておきましょう。

罹災証明書

自然災害などにより住宅が損傷した場合に、自治体が「全壊」「半壊」などを証明する証明書です。
住宅以外の被害について、証明するものではありません。

この証明書は、保険の請求や、所得税の雑損控除を申請する場合、また大規模災害での救援措置を受けるためにも必要になります。

盗難に対する補償

2012年9月 FP技能士2級 学科 問17より

住宅火災保険の場合、盗難は補償の対象外です。
住宅総合保険の場合、盗難は補償の対象になっています。
地震保険の場合、盗難は補償の対象外です。

盗難に関する補償の有無について、各保険制度を振り返って確認しておきましょう。

 


 



受験に関する案内、試験勉強のコツ、過去問解説、今後の勉強会の開催案内、その他FP試験の合格に役立つ情報をたくさんお届けしています!登録はこちらから

 

※いいねもよろしくお願いします♪

■次のページを読みたい方へ:
画面左上のMenuボタンから、このページと関連するページを表示できます。




▲このページ一番上に戻る