FP技能士3級2級の試験対策ポイントを、みんなで楽しく、そして濃密に学べる勉強会です。 FP技能士3級・2級合格勉強会

FP技能士試験の概要

どんなことが学べる試験?

FP3級の試験で学べること

FP技能士3級は、お金について広く学べる試験です。具体的には、次の6つの分野を学びます。

  1. 年金と社会保険
  2. 保険
  3. 資産運用(投資)、経済
  4. 税金
  5. 不動産(土地や建物)
  6. 相続

FP3級は、この6分野のそれぞれについて、概要を広く理解できているかどうかを測る試験です。

しかし概要とはいっても、学ぶ範囲は広いです。
勉強を始めてしばらく経ってから、学ぶ範囲の広さを実感してくることでしょう。
お金をテーマにした試験なので、なじみがありそうですが、学ぶほどに奥の深さを実感できるのが3級の試験です。

FP3級はファイナンシャルプランナーの入門資格と位置付けられますが、持っている人と持っていない人とではお金に関する知識においては大きな差がつきます。
3級試験の学習過程で、お金に関する知識がたくさん身につき、よりお得な行動ができるようになります。

FP資格を持っていない人がお得な情報をつかもうとすれば、本やテレビでわかりやすく解説されたものを探して入手するなど、誰かから「お得な情報をもらう」「わからないことを教えてもらう」という選択肢しかありません。
しかし3級の資格を取ることができれば、自らお得な情報を見つける、探す、比較検討するスキルが得られます。

経済誌や新聞のちょっと難しそうな記事も読めるようになり、それをもとにして自ら損得判断ができるようになります。例えば、次のようなことが具体的にわかるようになります。

これは、ファイナンシャルプランナー試験の大きなメリットであり、3級を取った人は、自分が経済的に進化したような感覚を得ることができます。

学ぶことはたくさんある3級試験ですが、比較的簡単に取得できる資格です。なぜなら、すべての問題は2択または3択方式なので、わからない問題があっても3分の1の確率で正解できるからです。実際、合格率はおよそ60〜70%ほどであり、多くの人が合格しています。

FP2級の試験で学べること

FP2級は、FP3級の上位資格と位置付けられています。
3級試験と比較して、出題範囲の広さは実はそれほど変わりません。しかし深さは別格で、より細かい知識、深い知識を問う試験になります。
合格率は30〜45%と、3級に比べてぐっと下がります。一発合格できず、数度の受験を経て合格する人もおり、難易度が高い試験となります。

2級はより深い学習をしなければ合格できませんが、3級よりさらにお金に関する知識が増え、お得な行動につなげられるさまざまな経済判断能力が身に付きます。例えば、次のようなものです。

テレビや雑誌で、ファイナンシャルプランナーがいろいろお得な話をしていて、すごいな〜、あこがれるな〜と思われた方もいらっしゃるでしょう。
あなたがFP2級を取れば、これらの人たちとほぼ同等の知識は身につきます。
あなた自身が、ファイナンシャルプランナーと呼べる存在になれるのです。

2級は、このレベルに達することができる試験なのです。

受験者も増え、人気の資格に

このように、お金に関して広くたくさんのことを学べるのが、ファイナンシャルプランナー資格である「FP技能士」なのです。
3級2級のそれぞれで、毎年15万人以上の人が受験をしており、受験者も年々増えている人気のある資格です。
国家資格である点も、人気を呼ぶ理由となっており、これまでの合格者は100万人を超えています。

3級の試験方式

3級は、すべて2択または3択問題です。
したがって、たとえ問題が分からなかったとしても、3分の1の確率で正解を当てることができます。

学科試験

マークシート方式 60問。
前半の30問は○×方式、後半の30問は3択問題。

実技試験(きんざい)

筆記試験方式 5題 (1題につき3問なので、計15問)

筆記試験ですが、すべて3択問題です。

実技試験(FP協会)

マークシート方式 20問。
すべて3択問題です。

2級の試験方式

2級では、複数選択肢から選ぶ形式以外に、記述式の問題が登場します。
カンで答えを書いても、正解しにくくなります。

学科試験

マークシート方式 60問。 すべて4択問題。
3級と比べて、より細かい点について問われます。選択肢を絞り切れなくなることも多々あります。

実技試験(きんざい)

筆記試験方式 5題。1題につき3問なので、計15問です。
しかしその「1問」がさらに3〜4つの問題で構成されていることもあり、回答を記入すべき欄は40個ほどあります。

すべて記述問題です。計算問題もあります。
中には、○×問題、選択問題もありますが、マークシート方式ではありません。

実技試験(FP協会)

筆記試験方式 40問。その1問が、さらに最大4つの問題で構成されているものもあります。
事実上、約60〜70問程度です。

すべて記述問題です。計算問題以外にも、○×問題、選択問題もあります。

試験時間

  2級 3級
学科 120分 120分
実技(きんざい・FP協会共通) 90分 60分

 

受験料

  2級 3級
学科 4200円 3000円
実技(きんざい・FP協会共通) 4500円 3000円

 

このページでは、FP試験の概要についてお伝えしました。
どんな試験なのか、イメージがつかめたのではないでしょうか。

次ページでは、3級までの取得でよいのか、それとも2級まで取った方がよいのかについて、ご説明しています。

 



受験に関する案内、試験勉強のコツ、過去問解説、今後の勉強会の開催案内、その他FP試験の合格に役立つ情報をたくさんお届けしています!登録はこちらから

 

※いいねもよろしくお願いします♪

■次のページを読みたい方へ:
画面左上のMenuボタンから、このページと関連するページを表示できます。




▲このページ一番上に戻る